衝撃的な出會いじゃなかったし
其實算不上什麼震撼的相遇
あれが戀だと今思っても自信がないんだ
那是戀愛嗎 現在想起來還是沒有自信
ごく自然に話すようになって
聊天漸漸變得自然
女子の中では
在女孩子裡
そう確かに仲が良かった
的確算是關係很好呢

別の高校に進んでから
自從上了不同的高中
なんとなく二人は
兩個人之間
會う機會も減って
少了些見面機會
メールもしなくなって
連短信也不怎麼發了
別れたのかな
這算是離別嗎

カトレアの花を見る
每當看見卡特來蘭花
その度に思い出すのは
那時我總是會想起
どうしてなんだろう?
到底是為什麼呢?
君に花を贈ったことはないのに
明明你從來沒有給我送過花
この胸のどこかキュンとするのは
此刻心頭驟然一緊是因為
青春の痛みが殘っている
殘留了少許青春疼痛
過ぎ去った季節が今さら眩しくて
逝去的季節現在仍然耀眼
目を閉じれば(キラキラキラ)
閉上眼睛(閃閃發光)
君が浮かぶ(キラキラキラ)
浮現你的身影(閃閃發光)
失ってから気付いた気持ち 戀愛
失去了才察覺這份感情 竟然是戀愛


文化祭の片づけをした夜
為文化祭善後的夜裡
冗談っぽく一度だけ
僅此一次 像玩笑般
微かにキスした
輕輕的一吻
その事件は僕たちにとって
這件事對我們來說
觸れちゃいけない腫れ物を作ったのかも
決不能觸碰 變成了小小疙瘩

ずっと忘れてた
一直沒有想起
昔のこと
過去的事情
何かの拍子に
在什麼狀況下
オブラートに包んだ
裹在糖衣裡的
苦い粉薬 口に広がる
苦澀藥粉 在口裡蔓延

カトレアの花を見る
每當看見卡特來蘭花
その度に思い出すのは
那時我總是會想起
どうしてなんだろう?
到底是為什麼呢?
本當のことは何も覚えていない
關於真相我竟然一點也想不起來
そんな気もすると言ってしまえば
假如說過曾有過那樣的感覺
大抵の噓は満たされるんだ
大概全是謊言吧
目の前の花瓶にきれいな君がいる
眼前的花瓶裡有著漂亮的你
時が過ぎて(キラキラキラ)
時光飛逝(閃閃發光)
分かってきた(キラキラキラ)
我慢慢明白了(閃閃發光)
枯れてゆくものだから美しい 戀愛
一步步走向枯萎的東西格外美麗我們的戀愛


そういえば君が言ってた
那麼說來 你說過的吧
中庭の花が好きだって あの日
喜歡中庭的花 那一天
その花はカトレアだって
那花就是卡特來蘭啊
思い込んでしまったらしい いつか
一直深深地相信著 某一天
胸にしまった昔の戀 今さら
過去戀情埋在心底 直到如今

カトレアの花を見る
每當看見卡特來蘭花
その度に思い出すのは
那時我總是會想起
どうしてなんだろう?
到底是為什麼呢?
君に花を贈ったことはないのに
明明你從來沒有給我送過花
この胸のどこかキュンとするのは
此刻心頭驟然一緊是因為
青春の痛みが殘っている
殘留了少許青春疼痛
過ぎ去った季節が今さら眩しくて
逝去的季節現在仍然耀眼
目を閉じれば(キラキラキラ)
閉上眼睛(閃閃發光)
君が浮かぶ(キラキラキラ)
浮現你的身影(閃閃發光)
失ってから気付いた気持ち
失去了才察覺這份感情
だから美しい 戀愛
格外美麗 我們的戀愛

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()