公告版位

歌詞陸續發表中
最新相關情報請關注推特: https://twitter.com/ApiuTao
目前已發表的歌詞:
*AKB48系 共1031首中日歌詞*...* SCANDAL 共99首中日歌詞*
*生物股長 共79首中日歌詞*...* 新垣結衣 共39首中日歌詞*
*西野加奈 共99首中日歌詞*...* PERFUME共55首中日歌詞*
*miwa 共56首中日歌詞*

喜歡的話歡迎加入FB粉絲團 Facebook

分享

目前分類:前田敦子 (24)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

階段の端 しゃがみ込んで
我蹲在樓梯底下
瓶のズブロッカラッパ飲みしながら
咬開瓶蓋 對著瓶嘴灌酒
運の悪さを嘆いても

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

ダンディライオン いつ咲いた?
蒲公英 何時開花?
ダンディライオン いつ咲いた?
蒲公英 何時開花?
ダンディライオン いつ咲いた?

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

長距離バスに揺られて
長途大巴一路顛簸
海沿いの道を行く
沿著海邊公路駛去
青い海の向こうから

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

見上げた空に輝く星座を言い合ったね
我們曾仰望夜空談論那些發光的星座呢
次第に君は向きになって來て
你卻突然認真了起來
聞いたこともない星 指を差した

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

少し離れた壁 貼ってあるポスター
在遠處的牆壁 貼著一張海報
君はここから 目を細めて眺めてた
你從這裡 瞇著眼眺望

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

砂の丘の上で僕はずっと君のことを待っていたんだ
站在沙丘之上 我一直默默等待著你
空に手を翳して風には色があるっていつか言ってたね
伸手探向天空你曾說過「風也有顏色呢」
気にしなかった君のどうでもいいつぶやきに意味があった

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

どこかの 野良貓みたいに
像是從何處而來的流浪貓
ある日 転がり込んで來た Oh Oh
某一天 突然闖了進來 Oh Oh
ノルウェーの ソファーの上に

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

シャララ ラララ ラララ
SHALALA LALALA LALALA
シャララ ラララ ラララ
SHALALA LALALA LALALA

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

洗いざらしのシャツ袖を通したように
洗褪了色的襯衫 就像是穿過了衣袖般
陽射しが木々の隙間で揺れる
陽光在樹木枝葉間輕輕搖曳
私は犬を連れて いつもの公園

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

意外なあなたの言葉
你投來意外的一句話
思わず聞き返したわ
我不自覺地反問
どういうつもりで言ったの?

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

壊れたシグナル 街は渋滯中
失靈信號燈 道路堵成一片
その場に「止まれ!」と 誰かが叫ぶ
「停下來!」 是誰在那里高呼著
僕らはいつから どこへ向かってる?

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

Beep beep beep beep yeah!
Beep beep beep beep yeah!
Beep beep beep beep yeah!
Beep beep beep beep

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

中日歌詞:

 

あなたと待(ま)ち合(あ)わせた
要和你見面了
安(やす)い古著(ふるぎ)のショップで

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

中日歌詞:

 

ちょっと難(むずか)しいギターのコードみたいに
就像吉他和旋一樣的困難
自分(じぶん)の気持(きも)ちを押(お)さえられなくて…

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

中日歌詞:

ちょっぴり遅く目覚めた朝は(稍微睡過頭 醒來的清晨) 
カーテンの裾から陽が洩れる(陽光從窗簾的下擺 照射進來) 
少し熱めのシャワーを浴びて(沖了一個溫呼呼的淋浴) 
メンズのシャツ 借りておくね(你的襯衫 先借我穿下吧) 

もう あなたは仕事に行ってしまったみたい(貌似 你已經出門上班去了呢) 

ブルーベリーを一つ摘んで(輕輕摘取一顆藍莓) 
何かしあわせな気になる(為何會湧現幸福感) 
寝ている私にキスしてくれたかな(你是否在我睡著時 親了我一下呢) 
あなたの部屋のキッチンで(你房間的廚房裏) 
お気に入りのBrunch(是我喜愛的早午餐) 

アヴリル?ラヴィーン ヴォリューム上げて(提高Avril?Lavigne的歌的音量) 
窓を開け広げて 風入れよう(推開窗戶 讓微風徐徐吹入) 
ここから見えるスカイツリーが(從這裡看到的天空樹) 
この恋のカレンダーよ(是這段戀情的日曆呢) 

ねえ もう少し あなたの部屋にいてもいいよね?(呐 可以在你房間多待一會的吧?) 
ブルーベリーは酸っぱいけれど(藍莓雖然味道酸酸的) 
甘いやさしさに溢れて(卻滿溢馥鬱的甘甜) 
可愛いお皿が“オハヨウ”って言ってる(可愛的碟子 仿佛在說“早安”) 
あなたが用意してくれた(是你特意準備的) 
私だけのBrunch(專屬我的早午餐) 

鍵はいつものポストに入れるね(鑰匙就放在平時的郵筒了哈) 

さあ ベランダの鉢植え 水をあげたら帰るよ(好 再給陽台的盆栽澆澆水 就回去了喲) 

ブルーベリーを一つ摘んで(輕輕摘取一顆藍莓) 
何かしあわせな気になる(為何會湧現幸福感) 
寝ている私にキスしてくれたかな(你是否在我睡著時 親了我一下呢) 
あなたの部屋のキッチンで(你房間的廚房裏) 
お気に入りのBrunch(是我喜愛的早午餐) 


前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日文歌詞:
あなたの长い指と指
络めてるのが好き
言叶は何もなくたって
なぜだかわかり合えるの
この场所にやって来るまで
いくつの恋に泣いただろう
爱の砂が落ちるように
时间(とき)はさらさらと
白いシ一ツの上
积もって行(ゆ)く
私たちはひとつになり
肌のぬくもりと
爱しさを闭じ迂め
夜明けまで

邻で静かな寝息を
闻いているのが好き
何でもないようなことが
しあわせに思えるの
やさしさは求めるよりも
气づくものと教えられた
风はやっと止んだみたい
心 おだやかに
何も怖くはない 眠るだけ
2人ならばいつも见てた
恶いあの梦も
もう2度と见ないでしょう
夜明けまで

爱の砂が落ちるように
时间はさらさらと
白いシ一ツの上 积もって行く
いつかきっと こんな夜が
来ると思っていた
梦なら觉めないで
夜明けまで

中文歌詞:

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日文歌詞:
冷めてしまったカフェ・マキアート
ミルクの泡が寂しく见える
あなたのことを考えてたから
口もつけずに ぼーっとしていた

どうして谁かを好きになると
私が私じゃなくなるの?

颊杖ついて
壳に笼って
过ぎてく时间に气づかずに…
梦の中で生きるように
“もしも”ばかりが浮かんで消えてくよ

半分饮んだカフェ・マキアート
そう いつもより苦く感じる
电话かメール ずっと待ちながら
忙しいんだと自分に言い闻かせた

友达だったらためらわずに
心に正直になれるのに…

颊杖ついて
壁を作って
私の世界に一人きり
もっと もっと逢いたくて
恋の仕方がわからなくなるよ

颊杖ついて
壳に笼って
过ぎてく时间に气づかれずに…
いつのまにか黄昏れて
今日も终わってしまう
颊杖ついて
壁を作って
私の世界に一人きり
もっと もっと逢いたくて
恋の仕方がわからなくなるよ

中文歌詞:

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日文歌詞:
心の片隅 Flower
小さな花が咲いた
あの日の願いは
ゆっくりと
日向の中 咲いた


それは長い道のり
風に吹かれて
雨に打たれた
今できることだけを
ただ 正直に
信じ続けた

あなたのひたむきさが
太陽のように
くじけそうな私に
勇気くれた

可憐な花びら
Flower
ひとつのその夢がたちになった
両手を広げて
まっすぐに
陽を受ける命

じっと眺めていると
涙溢れて
止まらなくなる
もし あきらめてしまったら
何も咲かない
土だったんだ

季節は知らぬ間に
空だけ残して
まわりの景色を変える
名もない花

心の片隅
Flower
小さな花が咲いた
あの日の願いは
ゆっくりと
日向の中 咲いた

一人の力では
咲がないはながあるよ
そばにあなたがいてくれたから
この願いが叶ったんだ

一番美しい
Flower
あなたの笑顔が陽射しになり
ここまで育った
この花は
まるで愛のように。。。
まるで愛のように。。。

中文歌詞:

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日文歌詞:

エアコン入れなくたって
窓を開ければ
ビルの風が吹き抜けて
涼しいもんだよ

遠い空に上がった

刺繍みたいな花火たち
遅れて 音が聞こえてくる

それから 二人がいちになってた
寝転んで10分以上黙ってた
そう何故だか

ずっと天井眺めてた
夏の夢は 畳の上で

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

日文歌詞:
海を眺めていたんだ
庭のベンチに座って
足をぶらぶらしながら
そばに携帯を置いて
ずっと着信待ってた
きっと あなたは忙しいのね

そんな私にさりげなく
波が話しかける

愛しすぎると
そのハート
疲れてしまう
肩の力 抜こう
愛しすぎると
一方的に
相手に期待しすぎて
がっかりするかも…

太陽 ゆっくり動いて
時は静かに進んで
ママのレモネード飲みながら
5分 もう少し待って
10分 もう少し待って
暗くなるまで待ってしまった

風が少し寒く感じて
シャワー 浴びようかな

切なすぎるね
一日が
こんな短い
深く息を吐いて…
切なすぎるね
過ぎて行く時間
心は苦しいけど
嫌いじゃないかも…

どんなことも
ほどほどがいい
愛はいつも
足りないくらいが
ちょうどいいんだ

愛しすぎると
そのハート
疲れてしまう
肩の力 抜こう
愛しすぎると
しあわせなことも
忘れる

切なすぎるね
一日が
こんな短い
深く息を吐いて…
切なすぎるね
過ぎて行く時間
心は苦しいけど
嫌いじゃないかも…

中文歌詞:

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

1 2