日文歌詞:

ススキが風に揺れて
黄金(こがね)の波が寄せる
いつもの帰り道に
季節は巡る

羽織ったカーディガンだけじゃ
ちょっと肌寒くなったね
来年のことなのに
卒業 近づいて来た

今 君といられること
そばにいられること
どれだけ大事な日々か…
ああ 君のそのすべてを
僕は覚えていたい
輝いてるこの瞬間(とき)

遠くの空が澄んで
山の尾根まで見えて
朝晩 冷え込んだら
初雪が降る

どんなに好きでいたって
別れはやって来るんだね
僕たちが自転車を
ゆっくり漕いだとしても…

今 君といられること
そばにいられること
運命 重なる日々さ
ああ たったそれだけでも
冬の足音さえも
しあわせだと思える

桜が咲くその日まで

今 君といられること
そばにいられること
どれだけ大事な日々か…
ああ 君のそのすべてを
僕は覚えていたい
輝いてるこの瞬間(とき)

今 2人 見つめ合って
何も言わなくても
心が通じているよ
ああ 同じ道歩いた
君と僕の季節は
振り返れば眩しい

輝いてるこの瞬間(とき)

中文歌詞:

 

響鈴在風中搖
黃金的波浪拍打過來
平時的回家路上 也因季節交替而轉變
只披著一件針織外套
有點寒風刺骨的感覺呢
雖然這是明年的事情
畢業已經越來越近
與你一起的現在
你還在身旁的現在
每天也非常重要
和你有關的事情
我希望能夠緊緊記住
記住耀眼的這刻
遙遠的澄明天空
就連山腳也能夠看見
當早上晚上吹著寒風
初雪就會降臨
雖然我卻如此喜歡你
離別終會到來
即使我們坐在的自行車
緩慢地踩著腳踏
與你一起的現在
你還在身旁的現在
還是命運重複的每天
即使現在只能夠這樣
聽到冬天的腳步聲 我也感到幸福
直到櫻花盛開的那天...
與你一起的現在
你還在身旁的現在
每天也非常重要
和你有關的事情
我希望能夠緊緊記住
記住耀眼的這刻
現在互相凝視的二人
即使彼此沒有話語
心靈早已相通
一起走過相同的步道
你與我的這個季節
將來回顧的話
就能想起這時耀眼的記憶

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()