中日歌詞:

逆上がり 足で地面を蹴って
來翻單槓吧 用力蹬向地面
太陽がぐるりと回った
太陽咕嚕地轉了一圈


何年かぶりに來た校庭の隅に
久別多年的校園一角
懐かしいね この鉄棒
教人懷念的單槓 依然還在
こんな低かったかな腰の辺りなのに
原來是這麼矮的嗎 才到我的腰邊
あの頃は怖かった
那時卻覺得可怕

蟬の聲が思い出させる
陣陣蟬鳴喚起回憶
夏の日の白いブラウスが汗ばんでいた
汗水浸透了夏日里的白色T卹

逆上がり 足で地面を蹴って
來翻單槓吧 用力蹬向地面
太陽がぐるりと回った
太陽咕嚕地轉了一圈
逆上がり 少し大人になって
來翻單槓吧 隨著你慢慢長大
風景が違って見えるよ
眺望到的風景也漸漸不同


好きだった男の子 隣に並んで
和喜歡的男孩 肩並肩
ただ何度も 回ってたっけ
只是一圈圈不停地翻著
私だけできなくて 途中であきらめ
途中就放棄了的我
彼の背を眺めていた
默默凝望著他的背影

指のまめと鉄の匂いが
指尖磨起的水泡 淡淡鐵鏽味
初戀を教えようとしてくれてたのかな
教會了我 那些關於初戀的事

逆上がり 風を感じる瞬間
來翻單槓吧 一瞬間風兒拂面而來
放課後のチャイムが鳴ったね
下課的鈴聲也敲響了呢
逆上がり ある日できていたのよ
來翻單槓吧 那天我翻過去了
偶然の“ぐるり”は一人で…
偶然的成功 我一個人…


逆上がり 足で地面を蹴って
來翻單槓吧 用力蹬向地面
太陽がぐるりと回った
太陽咕嚕地轉了一圈
逆上がり 少し大人になって
來翻單槓吧 隨著你慢慢長大
風景が違って見えるよ
眺望到的風景也漸漸不同

逆上がり なぜか泣けて來るのよ
來翻單槓吧 為什麼突然哭了呢
知らぬ間にちゃんと回れること
不知不覺間就能純熟翻起來
逆上がり あの時の男の子
來翻單槓吧 那時候的男孩
好きだとは言えなかったけれど…
我卻無法好好地說一句喜歡…

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()