風に揺れる向日葵は太陽に向かい咲いている
搖曳於風中的向日葵啊面朝著太陽綻放
果てしないあの青空に両手伸ばしているんだ
我往那無邊無際的藍天伸出雙手
もしも雨に打たれても溢れる涙も拭わず
即使暴雨吹襲也不去擦拭滿溢而出的淚花
悲しみのその向こうに未來信じているよ
在悲傷的那一方 我相信著未來存在

古いバイクで 鉄​​塔を目印に
騎著舊單車 鐵塔作為記號
夏の近くへ 君を連れて
要帶著你 前往夏天
緩い坂道の途中で 見えて來るよ
路過平坦坡道 看到了喲
黃色い花火が 広がる大地
黃色花火 鋪滿大地

僕は何も聞かないよ
我可沒聽到什麼喲
生きていれば いろいろあるさ
生存在世 本來就不容易
嫌なこともつらいことも
即使有時會煩惱痛苦
そういう時 僕は この丘から
那時 我 總是在山丘上
一人 眺めるんだ
一個人靜靜遠眺

君の中の向日葵はどこに咲いているんだろう?
你胸口的向日葵啊一定在何處盛放吧?
目指してた夢があるならちゃんと思い出すことさ
要是你曾有過夢想 就好好地回想起來
時に雲に隠れてもあきらめることはないんだ
即使有時被雲霧遮蓋 也不要輕言放棄
憧れのその陽射しはいつか君まで屆く
那道憧憬已久的陽光 總會抵達


ガードレールに 腰を掛け並んでた
我們並排坐在護欄上
やがて夕陽が 影を作る
終於迎來夕陽照出倒影
電線が震え かすかに泣いていた
電線微微顫抖 低聲哭泣
黃色い希望は それでも立つよ
黃色的希望 即使如此仍然挺立

僕は何もできないよ
我可沒做什麼喲
この景色を 教えるだけさ
不過告訴了你這片景色存在
悲しみとか寂しさとか
就算因為悲傷寂寞
落ち込んでも 君は
你倍感低落
自分自身で 空を見上げるんだ
仍然自己抬頭望向天空

君が君であるために立ち上がるまで待ってるよ
因為你就是你我會一直等待著你重新站起
星空のその向こうにもきっと太陽が待ってる
連星空的那一頭 也一定有太陽在守候
君の胸のその奧に向日葵は咲いているはず
在你的胸口深處 向日葵在盛開著吧
目を閉じて思い出していつか撒いたその種
我閉上眼想起來了 某一天撒下的種子

風に揺れる向日葵は太陽に向かい咲いている
搖曳於風中的向日葵啊面朝著太陽綻放
果てしないあの青空に両手伸ばしているんだ
我往那無邊無際的藍天伸出雙手
もしも雨に打たれても溢れる涙も拭わず
即使暴雨吹襲也不去擦拭滿溢而出的淚花
悲しみのその向こうに未來信じているよ
在悲傷的那一方 我相信著未來存在

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()