どこかの 野良貓みたいに
像是從何處而來的流浪貓
ある日 転がり込んで來た Oh Oh
某一天 突然闖了進來 Oh Oh
ノルウェーの ソファーの上に
在挪威的沙發上
住みついてしまった
就這樣住了下來

Oh バーボン 勝手に飲んで
Oh 擅自喝著一杯又一杯波旁酒
古いジャズ靜かに聴いてる
靜靜聽著古老爵士樂
邪魔じゃないからそこにいたっていい
從不打擾 你在那裡就好
Up to you

それを愛と呼べるか わからないけど
能被喚作愛嗎 雖然我不明白
一人でいるより落ち著くかも…
卻比一個人待著更加安心…
まさか 昔の彼と寢ているなんて
居然和過去的男友睡在一起
友達に話すのも面倒くさい 関係
和朋友解釋也顯得麻煩的 關係


合鍵 まだ持っていたなんて
現在還保留著我的鑰匙
何だか あなたらしくない Oh Oh
總覺得 不太像你呢 Oh Oh
心の寶石をすべて
將我內心的寶石
盜まれたトラウマ
全數盜走 只留下創傷

Oh ソファーの隣 寢転べば
Oh 在沙發旁邊 隨便躺下
懐かしいぬくもりの比重
那懷念的暖意的比重
だけど 今さら 2人は始まらない
可是 事到如今 兩人再也無法開始
No thank you

それを愛と呼べるか 聞きたくなるよ
能被喚作愛嗎 我多麼想問你
答えてしまうと息苦しいね
可是回答反而會讓人更難受吧
まるで冷たい炎燃えているようで
就好比是冰冷火焰熊熊燃燒般
思い出のすきま風にちらちら揺れる遠く
在回憶的隔閡中閃爍不定 如此遙遠


月日がどんな流れても
無論歲月如何流逝
昨日のことのように思える
回望時仍然彷如昨日
ハートの中で停電あったような
內心好像曾經停電
My sweet pain

それを愛と呼べるか わからないけど
能被喚作愛嗎 雖然我不明白
一人でいるより落ち著くかも…
卻比一個人待著更加安心…
まさか 昔の彼と寢ているなんて
居然和過去的男友睡在一起
友達に話すのも面倒くさい
和朋友解釋也顯得麻煩

それを愛と呼べるか 聞きたくなるよ
能被喚作愛嗎 我多麼想問你
答えてしまうと息苦しいね
可是回答反而會讓人更難受吧
まるで冷たい炎燃えているようで
就好比是冰冷火焰熊熊燃燒般
思い出のすきま風にちらちら揺れる遠く
在回憶的隔閡中閃爍不定 如此遙遠

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()