めざまし鳴る 土曜に早起き
鬧鐘響起 在星期六早起

だってもうすぐあなたが來ちゃう約束の時間
因為你就快要來了 約好的時間

著てく服やっぱ違うのにしようかなんて迷って
猶豫著要不要換掉要穿的衣服

ベッドの上 まるでジャングル
床面彷彿原始森林

ふざけたりはにかんだりいろんなところ見てるけれど
有時開玩笑有時靦腆雖然從很多方面關注著你

あなたの事誰よりももっと知りたいの
還是比任何人都想了解你

少し照れながら おはようって
帶著害羞說早上好

ドアの隙間からのぞくあなたの顏おかしくて
透過門縫你的表情很奇怪

朝焼けにふたり 染まってく
在這樣的清晨兩人染上朝霞的顏色

どこへ連れていってくれるの
你將帶我去哪兒呢

ここからはふたりのサタディ
從這裡開始就是兩人的星期六

會いたいとかあんまり言いすぎないようにしてるの
好想見你之類的話語盡量不想說得太多

だってふたり毎日忙しいんだし
因為兩人每天​​都很忙

眠そうにアクビしてる今日は早起き頑張ったんだね
疲困地打著哈欠 今天也很努力地早起

ひさしぶりふたりきりずっといられるね
好久不見 可以兩個人一直在一起

少し噛みながら 好きだよって
輕輕咬著嘴唇 說喜歡你

そこはちゃんと言ってくれなきゃダメなところでしょ
這裡不認真說的話可不行哦

朝焼けがふたり 包んでく
朝霞包圍著兩人

どんな話聞かせてくれるの
不管怎樣的話題你都能讓我傾聽麼

ここからはふたりのサタディ
從這裡開始兩人的星期六

少し照れながら おはようって
帶著害羞說早上好

ドアの隙間からのぞくあなたの顏おかしくて
透過門縫你的表情很奇怪

朝焼けにふたり 染まってく
在這樣的清晨兩人染上朝霞的顏色

どこまでも一緒だよね
無論到哪都在一起

ここからはふたりのサタディ
從這裡開始兩人的星期六

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()