中日歌詞:

 

海岸線 平行に走る 思い出の列車で
平行於海岸線行駛的回憶列車
どこへ向かうの?
將要去往何方?

窓の外は 季節のちぎり絵
窗外是季節繪下的碎彩紙畫
紙吹雪みたいな 舞い散る雪
潔白雪花如紙屑般飛舞灑下

夏の太陽が そっと火をつけた
夏日艷陽 悄悄點上火
遠いあの日の2人
遙遠那日的兩人
何か手に入れて 何か失って
得到了什麼 又失去了什麼
心はバランス取れず
無法平衡的一顆心
別れてしまったね
只好選擇別離

いつのまにか 冬將軍
不知不覺 嚴冬已至
すきま風が 通り過ぎる
寒風從縫隙處無情刮過
戀の後に 冬將軍
戀愛過後 嚴冬來臨
1人は切ない
我獨自在難過
あなたをずっと 好きでいたかった
曾經想過要一直一直喜歡你
リグレット
無法釋懷的遺憾


人影ない あの駅で降りて
在空無一人的車站下車
肌を刺す北風に 足早になる
比那寒冷刺骨的北風 早上一步

海への道 どこも閉まってて
通往海邊的道路 早已封鎖
あの日の賑わいは 噓のようね
那一日的熱鬧 彷如謊言

攜帯 かじかむその手で 觸れたけど
我以凍僵的手打開手機
愛は圏外だった
愛卻總是沒有信號
もっと 大切な もっと かけがえない
你比想像中重要你比想像中更無可取代
あなたに支えられてたと
原來我一直被你所支撐
今になって気づいた
到了現在才恍然大悟

忘れさせて 冬將軍
讓我忘記 嚴冬已至
やがて春が やって來るまで
春天好不容易再度降臨
次の戀を 冬將軍
下次戀愛 嚴冬已至
靜かに待ってるわ
我靜靜地在等待著
あなたをずっと 好きでいた日々は
一直喜歡著你的那些日子
ラストサマー
最後的夏天


いつのまにか 冬將軍
不知不覺間 嚴冬已至
すきま風が 通り過ぎる
寒風從縫隙處無情刮過
戀の後に 冬將軍
戀愛過後 嚴冬來臨
1人は切ない
我獨自在難過
あなたをずっと 好きでいたかった
曾經想過要一直一直喜歡你
リグレット
無法釋懷的遺憾

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()