中日歌詞:

 

ラジオから流れてる
從收音機中流曳出
あの夏のFavorite song
那個夏天最愛的歌
強い陽射しと波の音が
灼熱的陽光和波浪聲
記憶のドアを叩く
叩擊著記憶的門扉
海沿いのバス停で
在靠海的公車亭
夕暮れに急かされ
我因為太陽西沉而著急
時刻表を見ていた時
而看著時刻表的時候
ふいに キスをされたね
不經意間 被你親了一口呢
唇が 気づいた2人の恋
唇間 感受到兩個人的心意
胸の奥 
內心深處
こっそり 鍵を掛けてた
悄悄打開了 鎖了鑰匙的
想い
心扉
友達のままで
就這樣像朋友般
バスに乗ってたら
乘上那輛巴士的話
今年も一緒に
今年也能一起
あの海に行けた
去往那個海邊吧
1人きり Summer day!
如今卻衹得一人 Summer day!
気がつけば 口ずさむ
回過神才發覺 口中哼著
思い出のLove song
回憶中的Love song
人は誰も 知らぬうちに
誰人也 沒能注意到
口ずさむ歌がある
這首歌的存在
台風が近づいた
颱風正在接近的
あの夜の出来事
那天夜裏發生的事
幼な過ぎて 脱げなかった
過於年幼 而無法脫下那雙
愛のビーチサンダル
愛的沙灘涼鞋
ごめんねと
對你說聲抱歉
一言 言い残して
只留下這一句話
部屋を出た
走出那個房間之後
自分が許せなかった ずっと
一直無法原諒自己
友達のままで
就這樣像朋友般
バスに乗ってたら
乘上那輛巴士的話
今年も一緒に
今年也能一起
あの海に行けた
去往那個海邊吧
1人きり Summer day !
如今卻衹得一人 Summer day !
しまってた
收了起來
去年のビーチサンダル
去年的那雙沙灘涼鞋
手に取れば 
用手拿起來的話
さらさら 砂がこぼれた
沙拉沙拉 細砂灑了出來
Regret
多麼遺憾
友達のままで
就這樣像朋友般
バスに乗ってたら
乘上那輛巴士的話
2人で この歌
就能兩個人一起哼唱
口ずさんでたね
這首歌了吧
ビーチサンダルで
穿著沙灘涼鞋

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()