日文歌詞:
傘さえ持たずに
雨の中を飛び出した
濡れてしまえば
頰の淚も消えるから

すれ違う人は
哀れんではくれるけど
私をわかってはくれない

彼の部屋で缽合わせした
あの彼女はどこの誰か教えて

愛はまるで道に迷った エトランゼ
どこへ行けばいいの?
私 一人きりで…
うわの空で步いた
緩い阪を上(のぼ)って
氣づいたら…109

右手に攜帶握りしめて
待っていた
彼の言葉はどんな噓でも頷ける

友達はみんな「遊ばれてるよ」と言うから
誰にも相談できない

女の子は悲しい時
なぜここへと
步いて來るのでしょう?

愛はいつも 出口見えないラビリンス
何か信じたいの
胸の奧の光
通い慣れた店先
流行りの服眺めて
泣かせてよ…109

女の子はここへ來る度
身も心も大人になってゆくの…

愛はまるで道に迷った エトランゼ
どこへ行けばいいの?
私 一人きりで…
うわの空で步いた
緩い阪を上(のぼ)って
氣づいたら…109

中文歌詞:

 

連傘都沒拿 就飛奔進雨中

 

渾身濕透的話

 

面頰的淚也會消失吧

 

擦身而過的人 雖會同情我

 

卻不會明白我的心情

 

在他房間裏撞見的

 

那個女孩算什麽 誰能告訴我

 

愛如同迷了路的異鄉人

 

該去哪裏才好 這樣獨自一人

 

失魂落魄的走著

 

步上緩緩的坡道

 

眼前已是109

 

右手緊握手機 一直等待著

 

他用怎樣的謊言辯解都能接受

 

朋友們都說「你被玩弄了」

 

所以沒人可以商量

 

女孩在悲傷的時候

 

為何都會不知不覺走到109?

 

愛總像見不到出口的迷宮

 

想相信什麽 內心的微光

 

站在熟悉的店門口

 

呆望著流行的衣服

 

眼淚決堤在109

 

女孩每一次來到這裏

 

身心就又向大人邁出一步

 

愛如同迷了路的異鄉人

 

該去哪裏才好 這樣獨自一人

 

失魂落魄的走著

 

步上緩緩的坡道

 

眼前已是109

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()