日文歌詞:
思い出して
あのボートハウス
スコールが止むのを待ったよね
思い出して
屋根を叩く雨
なぜだろう?
ドキドキしてた

濡れたTシャツ
透けた肌が
生々しくて
居心地悪かった

何人もいる
男友達の一人だと
その瞬間まで
思ってた

近すぎて
見えなかった
まさかの愛しさ
夏が終わって
気づく

そうか 私
あなたが好きかも…
スコールが止むなと願ってた
そうか 私
ずいぶん前から
横顔を
見てた気がする

街角のカフェ
何事もなかったみたいに
普通に話をする二人

目の前の
現実と
もしもの幻
選んでいたの
未来

思い出して
あのボートハウス
スコールが止むのを待ったよね
思い出して
屋根を叩く雨
なぜだろう?
ドキドキしてる

空がまた晴れて
虹が架かるように
この気持ち
伝えたい
ほんの少しだけ
過去の自分より
AH― 素直になろうかな

そうか 私
あなたが好きかも…
スコールが止むなと願ってた
そうか 私
ずいぶん前から
横顔を
見てた気がする

中文歌詞:

 

回想起那天 在那個船屋之中

 

我們一起等待風暴的止息

 

回想起那天 擊打著屋頂的雨

 

為什麽心跳會一直停不下來

 

濕透的T恤 通透而出的肌膚

 

那記憶猶新的莫名犯罪感

 

每個人都有一個男性朋友

 

在那個瞬間終於察覺到

 

近在咫尺 反而忽略了的

 

出乎意料的愛意

 

夏天結束時 終於註意到了

 

原來我根本就喜歡著你

 

默默祈禱著風暴不要止息

 

怪不得我從很久以前

 

就愛觀察你的側臉了

 

街角的咖啡店

 

好像也沒什麽特別的事

 

普通的聊著天的兩人

 

擺在眼前的現實

 

和不確定的幻影

 

未來正面臨著抉擇

 

回想起那天 在那個船屋之中

 

我們一起等待風暴的止息

 

回想起那天 擊打著屋頂的雨

 

為什麽心跳會一直停不下來

 

天空再一次放晴 彩虹高掛般的

 

這種心情 想傳達給你

 

一點點也好 是否比過去的自己

 

變得更加坦率了呢

 

原來我根本就喜歡著你

 

默默祈禱著風暴不要止息

 

怪不得我從很久以前

 

就愛觀察你的側臉了

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()