中日歌詞:

 

振り切れた針に追われてあたしはまた明日を目指す
被掙脫的時針追趕著我依然以明天為目標
いつか見た夢の続きはまだ胸ん中に宿る
不知何時夢見的夢境 依然在心中盤踞
失敗もしてるもんねもう何回もだもんね
失敗也要繼續 勒 已經多少回了 勒
そんなことで弛まぬ時間は揺らがない
那樣的話從不鬆懈的時間也會不再擺動
閉ざされた扉の前にたたずむあたしの背中が
佇立在緊閉門前的我的背影
どう見えるのか何を語るかそれすらに意味は無い
看起來如何有什麼要說甚至失去了意義
平均値を探して安心感に浸った憂うべき自分はもうここにはいない
尋找著平均值沉浸於安心感裡本該憂慮的自己早已不復存在
愛するべきこの日々に寄り添って延々と続く現実にキスをして
早該在這愛的歲月中相互靠近連續不斷的現實中彼此親吻
感情の波間をゆらゆら漂って確かに今生きる
在情感的波瀾中飄搖確實的生活在當下
想像力で息をしたあの日のあたしに逢えるこの場所が輝きをまた放つ
用想像力去呼吸感受與那一天的我邂逅這個地方依舊綻放著光芒
勇敢なフリをした強がるあたしを捨てて手招く唯一無二の未來へ
拋棄假裝的勇敢故作堅強的自己朝著獨一無二的未來揮手
心一つあるがまま
真實的一顆心
差し出された椅子を蹴ってそれでもまた前を目指す
踢開被設定好的位置即使那樣也要迎向目標
遠ざかるのは白い雲と脆弱なあたし
漸漸遠去的 是那片白雲與脆弱的我
案外単純じゃんね価値観なんだもんね
意想不到的單純 如此的價值觀
一頻りのあたしの要素は崩れない
一瞬間我的能量 不會崩塌
煌々と光る行く先を指差して傍にいる人々と手を取り合って
用手指向光芒閃耀的目的地伴隨身邊的人與握緊的手
限りの無い限界をイメージして確かに今走る
想像中沒有邊界的廣闊世界確定奔走在當下
透明感に染められた輝くあたしに逢える気付かぬうちに鼓動高まる
與被透明感浸染閃耀的我相遇不知覺中心潮澎湃
聡明なフリをした偽るあたしを捨てて
拋棄假裝的聰明 虛偽的自己
抱きしめ続けるこの身體と心一つあるがまま
緊緊擁抱的這身體與與真實的一顆心
等身大のまま閉じた瞼の裏側にいるいつかのあたしが背中を押して
待身影一樣大小時停歇眼下不知從何時​​的我被支撐著
本當は知っていた「飾らぬあたしでいい」って
真實明白 毫無修飾的我才是最好的
ただひたすらそうただひたすらに…
只是一味 是啊 僅僅一味的
想像力で息をしたあの日のあたしに逢えるこの場所が輝きをまた放つ
用想像力去呼吸感受與那一天我邂逅這個地方依舊綻放著光芒
勇敢なフリをした強がるあたしを捨てて手招く唯一無二の未來へ
拋棄假裝的勇敢故作堅強的自己朝著獨一無二的未來揮手
心一つあるがまま
真實的一顆心
そう 心一つあるがまま
是啊 真實的一顆心

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()