中日歌詞:

 

「青空は綺麗だけど夕焼けが好きなんだ」と
「青空雖然美麗可我更喜愛晚霞」的說
君は少しはにかんで沈む日を眺めていた
你略微有些靦腆的眺望著遠方的落日
今年も冬が近づくまた白い吐息が舞う
今年冬天也臨近了又有白色的喘氣在飛舞
君と初めて出逢った季節がまた巡ってく
又回到與你初次相逢的季節
遠く見えてた空は藍と染まり確かな輝きを胸に纏った
遠方看見的天空被染成藍色將那份確實的閃耀纏繞在心中
そしてまた今年も君の隣り瞬き始めた夜空を見つめて
於是今年仍然在你身邊注視著頃刻間開始的夜空
そっと君が指差す先光に満ちた光に満ちたオリオン
悄悄地你用指間指向那充滿光芒充滿光芒的獵戶座
伝えたい事はいつもさ言葉では足りなくってさ
想訴說的事情 總是無法用言語表達
だからその手を握ったら溫もりが伝わるんだよ
所以如果握緊那雙手的話溫暖就能夠傳遞
星の降る夜のこと覚えている初めて交わした言葉を知ってる
還記得那星星降臨的夜空第一次知道交心而談的話語
そして見つけたのは淡い光力強く輝く淡い光
於是看到微微的光芒那麼強烈耀眼的微光
ずっとそこで見守ってた今年初めて君と見つけたオリオン
始終在那裡守護著今年初次與你看到的獵戶座
遠く見えてた空は藍と染まり確かな輝きを胸に纏った
遠方看見的天空被染成藍色將那份確實的閃耀纏繞在心中
そしてまた今年も君の隣り瞬き始めた夜空を見つめて
於是今年仍然在你身邊注視著頃刻間開始的夜空
そっと君が指差す先光に満ちた光に満ちたオリオン
悄悄地你用指間指向那充滿光芒充滿光芒的獵戶座

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()