日文歌詞:

 

真夜中に一人きり冷蔵庫を開けて 窓開けて虫の声を聞いて
スプーンに乗せたアイスがゆっくりと溶けてゆく
それを見つめてたら胸がキュンとした

 

いつからあたしはあたしを作ったんだろう…
冷蔵庫の扉を閉じる勇気もない…
不安な気持ちが一つ胸ん中を巡る
代わり映えのないこの日々を傷つけよう

 

窓の隙間に見上げた黄色い満月は
あたしに気付かないフリして雲に隠れた
君がそこに居るんならあたしは歩けるわ
「か細く漏れる光、あたしを照らしてくれ…」って

 

叫んだとして いつも願ったとして
いつか不安定な距離も飛び越えてこうよ
一つのタメ息も残さないで あたしという輝きを放つ

 

真夜中の月が優しい
喧噪の火照りを静かに静かに冷ましてくれるのは君
取り出すアイスをそっと唇にあてて
ゆっくり冷蔵庫の扉を閉めよう

 

語りかけた三日月は一段と澄んでて
当たり前のように今日も笑ってくれた
閉じかけた窓から覗いた光の粒が
少しだけ躊躇したあたしを包んでくれる

 

等身大となって今日に見合う距離を知って
いつか出逢う優柔なあたしも越えてこうよ
Yes, No と知った二つの世界に連れて行こう 月と冷蔵庫

 

今、叫んだとして いつも願ったとして
いつか不安定な距離も飛び越えてこうよ
いくつもの弱さも見捨てないで連れて行こう 月と冷蔵庫

 

今、叫んだとして いつも願ったとして
いつか不安定な距離も飛び越えてこうよ
いくつもの弱さも見捨てないで連れて行こう 月と冷蔵庫

 

連れて行こう 月と冷蔵庫

 

中文歌詞:

深夜裡孤單一人打開了冰箱 一打開就聽見蟲的叫聲
湯匙上的冰淇淋慢慢的溶化 看到這樣心頭忽然揪了一下

 

曾幾何時我開始做作了... 連把冰箱關起來的勇氣都沒有
不安的情緒一直在心中 傷害了那些記不起的那些日子

 

窗戶的縫隙間所看見的金黃色滿月不想被我發現般隱藏在雲中間
如果你在那邊的話我可以走過去 那微弱的光線能照亮我嗎...

 

大聲呼叫 就算祈望 總有天能飛越過那不安的距離
連一口氣都不留 綻放我的光芒

 

深夜裡的月亮好溫柔 喧噪的火光靜靜的靜靜的慢慢讓我冷靜的是你
拿出來的冰淇淋輕輕的碰著嘴唇 慢慢的將冰箱的門關了上來

 

談話中提到的上弦月如此皎潔 好像理所當然般今天也對我微笑著
從緊閉的窗戶漏進來的光有一點猶豫的包圍著我

 

直到現在才同理心知道今天看見的距離 總有一天會跨越相遇的溫柔的我
Yes, No 連接著這兩個世界 月亮與冰箱

 

大聲呼叫 就算祈望 總有天能飛越過那不安的距離
連自己的膽怯與懦弱都一起帶走 月亮與冰箱

 

大聲呼叫 就算祈望 總有天能飛越過那不安的距離
連自己的膽怯與懦弱都一起帶走 月亮與冰箱

 

帶我走吧 月亮與冰箱

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()