日文歌詞:

 

突然の雪は 君を無口にさせた 三回目の冬が 今終わる

 

TOKYOの空に 走り書きした夢を 追いかけて 僕は汽車に乗る

 


誰もいない 静かなホーム 不意に君が手を握り返した

 

「元気でね…」 つぶやいた声に 黙ってうなづいたよ

 


もう ベルは鳴り始めていた

 


さあ 最終列車に乗って 小さなカバンを抱えて 僕はこのまちを出ていく さよなら さよなら

 

繰り返し手を振る君が だんだん小さくなっていく 大好きなそのめに見えたよ きらきら きらきら

 


旅立つ あなた わかってたはずなのに この胸が 少しだけ痛む

 


ふたりの手 照らしてた 蛍光灯の明かりが消えた
「もう行くね…」 つぶやいたままで そっと笑ってくれた

 


もう ベルは鳴り始めていた

 


ねえ 最終列車に乗って 大きな夢だけ抱えて あたしを忘れてしまうの さよなら さよなら

 

星が舞う街に旅立つ あなたの未来を祈るよ 大好きなそのめに輝け きらきら きらきら

 


離れていくふたりを 時が追い越していく
その駅の向こう側に 続いていく “ひとりきり”を 歩いていく

 


最終列車に乗って 僕らは何かを失くして わずかな勇気を手にした さよなら さよなら

 


最終列車に乗って みぎてにキップを握って 僕らは明日を生きていく さよなら さよなら

 

繰り返し手を振る先に 確かな言葉を伝うよ 大好きなそのめに光るよ きらきら きらきら

 

中文歌詞:

 

忽然的一場雪 讓你啞口無言 第三次的冬天 現在也結束了
TOKYO的天空中 我乘坐著火車 追逐著那天馬行空的夢想

 

空無一人 寂靜的月台 無意間握住了你的手
你要保重... 喃喃自語的念著 沉默的點了點頭

 

鐘聲 開始響起

 

來吧 乘坐著末班列車 抱著小小的書包 我要離開這個故鄉 再見了
再見
不停揮舞著手的你 慢慢的越變越小 卻能看見最喜歡的你的眼
閃閃發光 閃耀著

 

啟程出發 你一定都知道了 但是心中還是忍不住疼痛

 

照亮兩人手的那盞螢光燈 熄滅了
要走了喔... 喃喃自語著 輕輕的給了我一個微笑

 

鐘聲 已經響起

 

來吧 乘坐著末班列車 抱著最大的夢想 將我忘記 再見了 再見
在滿天星空的街頭開始旅程 為你的未來祈求 最喜愛的你的眼神 閃閃發光
閃耀著

 

慢慢離開的兩人 超越了時空
在車站的另一頭 不停追尋著 孤單一人 繼續走著

 

乘坐著末班列車 我們失去了些什麼 手中握著僅有的勇氣 再見了 再見

 

乘坐著末班列車 右手握著車票 我們明天依然將繼續生存 再見了 再見
在揮手前 將確定的事告訴你 最喜歡的那雙眸 閃閃發光 閃耀著

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()