中日歌詞:

 折れた淡い翼 君は少し 青すぎる空に疲れただけさ
もう誰かのためじゃなくて 自分のために笑っていいよ
你收起了淡淡的羽翼 只是因為有些疲于翱翔藍天
其實只需為自己而活 你再也不必為別人強顏歡笑

依然として忍び寄る孤独 内側に灯るローソク
賑わうパーティー 豪華なシャンデリアとは裏腹に
足りない言葉の 窪みを何で埋めたらいいんだろう
もうわからないや
孤獨依舊不知不覺地悄悄來臨 心中搖曳著微弱的燭火
與喧鬧的晚宴 豪華的吊燈如同兩個不同的世界
無話可說的我 要用什麼才能填補這份寂寞?
我已不知所措

せめて夢の中で自由に泳げたら
あんな空もいらないのに
昨日までのことを塗り潰さなくても
明日に向かえるのに

如果至少能在夢中自由暢遊
那麼早已不需要那樣的天空
不必將昨日的往事完全掩蓋
也能夠走向明天

折れた淡い翼 君は少し 青すぎる空に疲れただけさ
もう誰かのためじゃなくて
自分のために笑っていいよ
你收起了淡淡的羽翼 只是因為有些疲于翱翔藍天
其實只需為自己而活 
你再也不必為別人強顏歡笑

劣等感との和解は 簡単には叶わないさ
自意識のてっぺんに居座る鏡が映す花びら
振り絞るように 汚れた愛を叫んでみるけれど
もどかしくて
要想與曾經的自卑達成和解 其實並非那麼容易實現
如同自我意識最高處的鏡子 所映出的那一片片花瓣
儘管一次次聲嘶開竭地 呼喚著純潔無暇的真愛
卻依舊焦急難耐

巡る時の中で 傷口はやがて かさぶたに変わってゆく
君はそれを待たず とても美しく とても儚げで…
在不停止迴圈的時光中 曾經的傷口也終究會漸漸癒合
可你卻不願一味等待 憧憬著無比美好而渺茫的夢想

剥がれ落ちた痕の産毛のように
陽だまりの中で震える祈り
今は無理に 誰かの事を愛そうと思わなくていいのに
如同傷疤脫落後新生的聳毛
你在陽光下顫抖著許下心願
其實如今你真的不必 勉強自己去愛上什麼人

時にこの世界は 上を向いて歩くには
少し眩しすぎるね
沈むように 目を伏せると 渇いた地面が涙をすする
有時候對於向上攀爬的人來說
這個世界會有些太過光芒眩目
當你悶悶不樂地低下雙眼之後 乾涸大地反而會為你吸去淚滴

Why do we feel so alone anytime?
全てを受け止めなくてもいいよ
Why do we feel so alone anytime?
こらえることだけが勇気じゃない
Why do we feel so alone anytime? 
其實不必勉強自己接受一切
Why do we feel so alone anytime?
勇氣並不是僅僅只意謂著忍耐

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()