日文歌詞:

教室の窓から
水のないプールを
眺めてた
あの夏の陽射しや
アブラゼミ 思い出す

はしゃいでいた友の笑い声
遠くに聴こえてくるよ
水しぶきあげてた青春は
真っ赤な夕陽の手前で
影になる

人はみな不器用で
泳ぎ方を忘れる
喜びや悲しみに
足がつかずに
溺れそうで…

銀杏の落葉たち
コンクリのプールの
底を埋め
次の夏 来るまで
水面を待っている

色が褪せた肌の日焼けは
余計に寂しくなるね
思い出はいつも消えて行き
新たな記憶が生まれて
重なるよ

じたばたと足がつり
鼻に水が入って
苦しみにむせながら
泳げるように
なってゆくよ

どれだけの水を抜き
また入れるのだろう?
いつの日か
プールの底が
浅く 感じるのか?

人はみな不器用で
泳ぎ方を忘れる
喜びや悲しみに
足がつかずに
溺れそうで…

中文歌詞:

 

從教室的窗口
眺望著那沒有水的游泳池
那個夏天的陽光
還有蟬聲 突然浮現回憶
朋友們打鬧的笑聲
彷彿從遠處傳來
揚起水花的青春
在血紅的夕陽前
化為影子
人都是很笨的
忘記了游泳的方法
不管是喜悅還是傷悲
要是腳夠不到底
就會溺水…
銀杏樹的落葉
覆蓋了泳池的水泥地面
下一個夏天到來前
繼續等待著水面
被曬黑的皮膚逐漸恢復
讓人額外的寂寞起來
回憶終將消失遠去
會被新誕生的記憶所覆蓋哦
掙扎中腿開始抽筋
鼻子裡進了水
一邊被嗆的難受
才逐漸學會了游泳
要抽掉多少水
才能再灌新的進去呢?
要等到哪天
才會覺得水池底變淺了呢?
練習了舞蹈 錄製了唱片
才認識到自己力量的不足
才發現夢想還很遙遠
在水池中慌慌張張努力著的我們
今後 也希望大家能夠繼續守護下去
人都是很笨的
忘記了游泳的方法
不管是喜悅還是傷悲
要是腳夠不到底
就會溺水…

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()