中日歌詞:

 

誰もいない劇場燈りの消えた狹いステージ
空無一人的劇場沒有照明的小小舞台
客席の真ん中で 私は別れを告げる
我站在觀眾席中間 宣布了離開

 

同じ夢を目指して仲間と歌い踴り続けた
一直與擁有同樣夢想的伙伴們唱著跳著
あの日の汗や ひたむきさを
回想起那天的汗水和認真
思うだけで胸が締め付けられる
現在仍然牢牢佔據我心

 

ありがとう 過ぎ去った日々よ
謝謝啊 逝去的歲月
私のすべて 振り向けば
試著回首我的一切
つらかったことさえ 輝いてる
連困難艱辛 也閃閃發光
大切なその記憶をずっとこの胸に抱いて
重要的回憶 一直藏在心間
何も後悔ない足跡
一路走來從不曾後悔
それを青春と呼ぶ日が來た
被喚作青春的歲月

 


客席から見えた私は頑張っていたのかな?
從觀眾席上看來 我很努力嗎?
ステージのその姿誰かに譽めて欲しかった
站在舞台上的身影 總是想要被誰讚賞

 

自分の道が見えずに何度も辭めようと思ったけど
看不清未來道路 好多次想過要離開
他のメンバーの頑張りを見て
但當看見成員們的努力
自分に足りないもの気づかされた
才察覺到自己的不足之處

 

ありがとう 新しい道よ
謝謝啊 嶄新的道路
私の未來 どこまでも
我的未來​​ 無論去往何方
太陽がその先を 照らしている
太陽總在前頭溫柔照耀
ゆっくりと目を閉じれば
慢慢合上眼
きっと 思い出すでしょう
一定能回想起的吧
いつか帰って來るこの場所を
某一天總會回到這地方
それを青春と呼ぶ日が來た
被喚作青春的歲月

 


ありがとう多くの仲間よ見守る人よ
謝謝啊 親愛的伙伴 守護我的人
なぜだろうこの頬を濡らすのは寂しいから
為什麼呢淚水沾濕臉頰是因為感到寂寞了吧
ゆっくりと上を向いて
慢慢抬起頭
涙 我慢して笑う
忍下眼淚綻放笑容
もっと素敵になって會おうね
當我變得更好時再來約定見面吧
それを青春と呼ぶ日が來た
被喚作青春的歲月

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()