中日歌詞:

 

制服を著てる先輩と會えるのは
想著這大概是最後一次和穿校服的學長見面
これが最後だと思うと泣ける
不禁哭起來了呢
毎日 ずっと どこかに探して來た
每天一直在尋找著
背の高さ 明​​日から見當たらない
你頎長的身影 明天開始再也看不到

 

校庭の隅に 満開の桜の木たち
校園角落 盛開著櫻花樹
春風に陽射しの雫が揺れている
細碎陽光在春風中搖曳

 

思い出は忘れもの
回憶變成失物
ずっと そばにいたのに…
明明一直在你身邊…
心の端っこにそのままにしてた
一直就這樣停留在心的一角
殘された寂しさと
殘留的寂寞
ホントは好きだったこと
還有我喜歡你的事實
考えないように
都好像從來沒有想過
無邪気に過ごした季節が終わる
天真無邪的季節迎來尾聲

 


制服が少し 小さめに見えるのは
校服看起來變得窄小了
きっと 大人になったからでしょう
一定是因為你變成大人了吧
4月になれば 都會へと行ってしまう
四月來時 你就會到大城市去
その肩に 一枚の夢 花びら…
停留在肩上 一片小小的夢想花瓣…

 

校門の中でテニス部のみんな集まり
校門內 網球部的大家都聚集起來
微笑みに涙を隠して見送った
藏起淚微笑目送

 

思い出は忘れもの
回憶變成失物
胸がきゅんとして來て
我的心突然緊了一下
日向がいつもより 暖かく感じる
向陽處感覺總是暖洋洋的呢
時々は振り向いて私をちゃんと見て欲しい
希望你多回過頭來 好好看看我
一度も言えぬまま
一次也沒有說過
憧れ続けた季節の後で…
在一直憧憬的季節之後…

 


思い出は忘れもの
回憶變成失物
ずっと そばにいたのに…
明明一直在你身邊…
心の端っこにそのままにしてた
一直就這樣停留在心的一角
殘された寂しさと
殘留的寂寞
ホントは好きだったこと
還有我喜歡你的事實
考えないように
都好像從來沒有想過
無邪気に過ごした季節が終わる
天真無邪的季節迎來尾聲

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()