中日歌詞:

 

青い空は好きじゃない不鍾愛晴空
いい人すぎて好きじゃない不偏愛好得過分的人
雲ひとつないなんて沒有一片雲的天空
ちょっと疲れちゃうから不覺得有些厭倦嗎
Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!

 

誰もが胸の奧に不管是誰的心中
見せたくないものがある都有不願意被看見的東西
もやもやしてる気持ちが這就是充滿了隔閡的感情
どこかに浮かんでるはず會從某處浮現的原因

 

家族とか友達の前では在家人和朋友的面前
ドアを開けているフリするけど裝作要將門打開的樣子
鍵を掛けたホントの私は而那個關上門的真正的我
私しか知らない只有我自己才能明白

 

爽やかな風が通り過ぎたって爽朗的風吹來
すべての悩みが消えるわけじゃない並不能將所有的煩惱都一吹而散
そのうちどこかで雨が降り出すような在那之中的某處像是要降雨一般
痛みを知ってる能夠了解我的傷痛的
私だけのCloudy Sky 只屬於我的Cloudy Sky

 


陽射しのようになんて即使是如陽光一般
潔くはなれない也不可能變得純潔無暇
遮るものがあっても即便有著遮蔽之物
日向を信じているよ我也堅信著有陽光所及之處

 

太陽が羨ましいくせして對那羨慕太陽的習慣
どこか噓っぽいと思うのは總覺得哪裡是虛假的
すぐに夜がやって來ることを那是因為對立馬就要來臨的黑夜
怯えていないからさ一點也不感到害怕吧

 

爽やかな風が通り過ぎたって爽朗的風吹來
すべての悩みが消えるわけじゃない並不能將所有的煩惱都一吹而散
そのうちどこかで雨が降り出すような在那之中的某處像是要降雨一般
痛みを知ってる能夠了解我的傷痛的
私だけのCloudy Sky 只屬於我的Cloudy Sky

 

澄み渡った空に在萬里無雲的天空裡
雲見つけた時找到雲朵的那一刻
私はなぜだかほっと​​できるんだ為什麼我能夠變得如此安心
そんな上手に生きて行けないさ不那樣擅長於生存是不行的啊

 

正直でいよう天気は変わるもの說句真心話天氣是多變之物
人は誰だって心の片隅に人無論是誰活在世上
少しだけ雲を浮かべながら生きてる在心的角落都會有些許雲朵漂浮著

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()