中日歌詞:

 

軽蔑(けいべつ)って言葉(ことば)はいつも
輕蔑的話語一直都是因為
自分(じぶん)がそう 
上(うえ)から見(み)てる
自己是這樣 從高處看事物
僕(ぼく)は違(ちが)うと
馬鹿(ばか)にしながら
因為我和他人不同而被當成笨蛋看待

 

同(おんな)じ人間(にんげん)なのに
明明都是人類
何(なに)を蔑(さげす)んでるんだろう?
有什麼是需要被人鄙視的?
いつも笑顏(えがお)は強(こわ)ばっている
一直都以僵硬的笑容來面對

 

教科書(きょうかしょ)機(つくえ)に
立(た)てるみたいに
就像把教科書佇立在桌上一樣
こっち側(がわ)に入(はい)るなよ
不要進入我這裡的世界
どんな愛(あい)も拒絕(きょぜつ)してしまうんだ
無論怎樣的愛我都會拒絕

 

不毛(ふもう)な夜(よる)に僕(ぼく)は
荒涼的夜晚我
生(い)きるのが苦(くる)しくなるよ
對於活著這回事感到痛苦
自分(じぶん)が神(かみ)のように
自己就像神一樣
この世界(せかい)を
創(つく)る力(ちから)もなく
明明就沒有創造世界的能力
批判(ひはん)ばかりしてること
卻只懂得批判別人這回事
なあ最低(さいてい)だろ?
真是最差勁了吧?

 

ジェラシーの長(なが)い鎖(くさり)に
嫉妒這長長的鎖鏈
誰(だれ)もが身(み)を繋(つ)がれながら
無論是誰都會被綁著
一歩(いっぽ)前(まえ)には
歩(ある)き出(だ)せない
就連一步也走不了

 

そんな夢(ゆめ)のために
不想再為了這樣的夢
汗(あせ)をかきたくなくなった
而出一身冷汗
野次(やじ)を飛(と)ばせる
場所(ばしょ)にいたいんだ
我想活在沒有嘲諷的地方

 

何(なに)が正(ただし)しい
生(い)き方(かた)なのか
到底什麼才是正確的生存方式
もう僕(ぼく)にもわからない
我已經完全不明白了
優越感(ゆうえつかん)
敗者(はいしゃ)に感(かん)じて…
優越感 請想想敗者的心情...

 

不毛(ふもう)な夜(よる)が明(あ)けて
荒涼的夜晚天明了
また少(すこ)し死(し)が近(ちか)づくよ
死亡又再近了一點
どういう言(い)い訳(わけ)して
不管用怎樣的接口
平然(へいぜん)と逃(に)げ出(だ)せばいいのか
坦然的逃出來才好呢?
正義(せいぎ)なんてどうでもいい
正義什麼的怎樣都好
なあ最低(さいてい)だろ?
真是最差勁了吧?

 

自己(じこ)嫌悪(けの)から問(と)いかけたんだ
從自我嫌惡中詢問自己
僕(ぼく)にとって"不毛(ふもう)とは?"
對於我來說「荒涼是?」
命削(いのちけず)る意味(いみ)のない逡巡(しゅんじゅん)
只是浪費生命沒有意義的躊躇

 

不毛(ふもう)な夜(よる)が明(あ)けて
荒涼的夜晚天明了
また少(すこ)し死(し)が近(ちか)づくよ
死亡又再近了一點
矛盾(むじゅん)と欺瞞(ぎまん)ばかり
滿是矛盾及欺瞞
人生(じんせい)は愚(おろ)かなゲーム
人生就是愚蠢的遊戲

 

不毛(ふもう)な夜(よる)に僕(ぼく)は
荒涼的夜晚我
生(い)きるのが苦(くる)しくなるよ
對於活著這回事感到痛苦
自分(じぶん)が神(かみ)のように
自己就像神一樣
この世界(せかい)を
創(つく)る力(ちから)もなく
明明就沒有創造世界的能力
批判(ひはん)ばかりしてること
卻只懂得批判別人這回事
なあ最低(さいてい)だろ?
真是最差勁了吧?

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()