中日歌詞:

 

列車(れっしゃ)の窓(まど)に
北(きた)の岬(みさき)
映在列車窗上的北之岬
ぼかすように雪(ゆき)が降(ふ)る
為了使之模糊般 窗外開始飄雪
あの人(ひと)を忘(わす)れられたら
倘若我能將那人忘懷
この旅(たび)は終(お)わるのに…
這段旅程 明明就結束了

 

初(はじ)めての夜(よる)は
愛(いと)しさを知(し)って
初次相擁的夜晚 我知曉了何為愛
最後(さいご)の朝(あさ)には
涙(なみだ) 知(し)った
訣別清晨知曉的 卻是淚水的滋味

 

私(わたし)なんか
いなくなっても
即使我消失不見
そう誰(だれ)も
気(き)づかない
気(き)づかれない
任誰也不會察覺 無法察覺
途中下車(とちゅうげしゃ)するのは
獨自在中途下車
無人駅(むじんえき)
空無一人的車站

 

重(おも)い車輪(しゃりん)が
動(うご)き出(だ)して
沉重的車輪開始滾動
胸(むね)の奧(おく)が軋(きし)み出(だ)す
碾壓著胸口的深處
悲(かな)しみを見知(みし)らぬ街(まち)に
置(お)き去(ざ)りにしたかった
想把悲傷棄置在素不相識的城鎮

 

凍(こご)える指(ゆび)が
ぬくもりを探(すが)す
凍僵的手指 尋求著溫暖
重(かさ)ねた掌(てのひら)
思(おも)い出(だ)した
雙手交疊的回憶 不禁湧上心頭

 

白(しろ)い息(いき)が
雪(ゆき)と一緒(いっしょ)に
呵出的白氣 與紛飛的白雪一同
語(かた)るだけ
愛(あい)したい
愛(あい)されたい
喃喃的細語著 好像去愛 好想被愛
名前(なまえ)さえも知(し)らぬ
未知其名的
無人駅(むじんえき)
空無一人的車站

 

私(わたし)なんか
いなくなっても
即使我消失不見
そう誰(だれ)も
気(き)づかない
気(き)づかれない
任誰也不會察覺 無法察覺
途中下車(とちゅうげしゃ)するのは
獨自在中途下車
無人駅(むじんえき)
空無一人的車站

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()