中日歌詞:

 

もしも空のどこかに君が住んでいるなら
若是你棲息在藍天某處
僕は時々 見上げてみよう
我定會時時抬頭仰望

 

もしもあの太陽が君の微笑ならば
若是那艷陽是你的微笑
どこにいたって 微笑みを返そう
無論身在何處我定會以微笑相報

 

今 僕が 遠くに見えても
儘管此刻 我看來遙遠
木々の隙間の陽射しは心に屆いてるから
但從枝葉間隙中灑下的暖陽都已投遞到心間

 

青空よ 寂しくないか?
藍天啊 不寂寞嗎?
季節は過ぎてく
季節更迭之際
そばにいた雲たちも追われるように…
一直在身旁的雲朵 也紛紛吹散…
新しい風 どこからか吹いて
嶄新季風 從何處拂來
すべてが流されて空に青だけ殘った
洗淨了一切 只殘餘下天空的一抹藍

 


もしもこの雨粒が君の涙だったら
若是那雨滴是你的眼淚
僕のこの手で 拭ってあげる
我就用這雙手為你拭去

 

もしも君が今でも傘を持ってないなら
若是你現在依舊沒有打傘
あの日のように 相合い傘でしょう
那麼就如那日般兩人共撐一把吧

 

思い出を そう ひとつひとつ
回憶 一個接一個
時間のドアを開いて
敲開了名為時間的大門
誰かに話したいんだ
好想要和誰訴說

 

歌おうか 青空のうた
歌唱吧 藍天的歌謠
やさしくなりたい
想要變得溫柔
懐かしいメロディーに癒されるはず
教人懷念的旋律 應該能治愈一切
どこからだろう聴こえて來ないか?
是從何處依稀傳來?
気持ちが晴れるうた
讓人心情煥然一新的歌謠
人はそっと口ずさむ
人們在輕輕哼唱著

 


青空よ 寂しくないか?
藍天啊 不寂寞嗎?
季節は過ぎてく
季節更迭之際
そばにいた雲たちも追われるように…
一直在身旁的雲朵 也紛紛吹散…
新しい風 どこからか吹いて
嶄新季風 從何處拂來
すべてが流されて空に青だけ殘った
洗淨了一切 只殘餘下天空的一抹藍

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()