中日歌詞:

 

それぞれの窓から 青い月を眺め
我們從各自的窗戶 眺望那輪藍色月亮
だらだら長電話しながら何でも話した
慵懶地煲著電話粥 無所不聊
同じように見えても違う景色なんだ
即使看來相似 卻是不同景色
気づいてはいたけど觸れたくなかった空…
察覺到而無法觸碰到的窗外天空…

 

ずっと ずっと そばにいたから
一直一直 在你身邊
離れ離れなんて(やだよ)
離別之類的事情(我不要)
想像できない
從來無法想像

 

思い出のほとんどはそう一緒に作ったね
大部分回憶裡 我們總是在一起
笑ったり泣いたりケンカしたりして
有歡笑 有哭泣 還有爭吵
お互いの夢 語り合った日々
那些互訴夢想的日子
時は過ぎて
隨著時日流逝
思い出のほとんどは 2人の足跡
大部分回憶裡 留下了我們的足印
歩いて走って立ち止まって
曾漫步 曾奔跑 也曾停下
何度も道に迷いここに來た
無數次迷失後終於抵達此處
別れ際の
離別之際
友よ
我的朋友

 


カーテンを引いたらそれが合図のように
像是對過暗號般 一起拉上了窗簾
白んだ朝の陽が脇から靜かに溢れる
晨曦光芒從縫隙間 溫柔流​​瀉
未來はいつだって知らぬ間に近づき
未來總在不知不覺間靠近
大切な今さえ過去に変えてしまうなぜ?
重要的當下為何在某日就成為了過去?

 

だってだって最後くらいは
至少 至少在最後
言いたかった私(ちゃんと) ありがとうって…
讓我說一句(好好地) 謝謝…

 

できるなら今すぐに駆けつけて抱きしめて
可以的話 現在就想奔往你然後抱緊你
その胸におでこつけ泣きたいけど
想要埋在你的懷裡放聲哭泣
自分で決めた旅立ちの日だからここにいるよ
但我只能在此處因為是我決定了啟程之日
できるなら今すぐに弱音を吐きたい
可以的話 現在就想對你傾訴我的委屈
歩き出す一歩がとても不安で
踏出的第一步充滿不安
ホントは引き止めてと思ってた
其實真希望你能拉住我
平気そうに
卻還是裝作若無其事地
友よ
我的朋友

 


思い出のほとんどはそう一緒に作ったね
大部分回憶裡 我們總是在一起
笑ったり泣いたりケンカしたりして
有歡笑 有哭泣 還有爭吵
お互いの夢 語り合った日々
那些互訴夢想的日子
時は過ぎて
隨著時日流逝
思い出はいつの日か美しい夕陽として
回憶終有一天會成為美麗的夕陽
私の足下照らすでしょう
照亮我的腳步
あなたの顔や聲が地図になる
你的面容和聲音會化為地圖
どこにいても
無論我在何方
友よ
我的朋友

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()