中日歌詞:

 

いつも大人たちが言っていたわ
大人們常常說
「森の中で遊んではいけない」と
「可不能到森林裡玩哦」
理由さえも聞かされないまま
連理由也沒有說過
子どもたちは森を恐れた
孩子們從此害怕森林

 

鬱蒼とした 木々たちに閉ざされ
鬱鬱蔥蔥的樹木層層包圍
道も見えない 遠い世界
看不見道路的遙遠世界

 

誰かが叫んだよ
誰在叫喚著
「あの場所にも光はある確かに…」
「那裡確實有光存在…」
どんな悲しみにも希望があるように
無論何種悲傷 總有著希望
空の太陽は 見捨てはしない
空中的太陽 絕不會輕易捨棄

 


だけど 大人たちは眉をひそめ
大人們皺著眉
「森へ行ったら帰って來られない」と
「進了森林可回不來喲」
小聲でそっと囁き合って
低聲靜靜說著什麼
森の前で背中向けた
在森林前背過身去

 

どんな魔物が 住んでいるの?
裡面住著什麼魔物呢?

 

誰かが指差した
誰在指著
「影があれば光はある 絶対…」
「只要有影就會有光…」
深い絶望にも 明日は來るように
即使深深絕望 明天也會到來
風が木洩れ日を 教えるだろう
風教會了我灑落在樹木縫隙的暖陽
「地球上に溢れている光よ」
「那是滿溢在地球上的光芒喲」
冬の長い夜が 黒く塗りつぶしても
即使漫長冬夜漆黑一片
空を見上げれば 星が見える
只要仰望天空 總能看見星

 


そっと目を閉じて思い出しましょう
靜靜合上眼 想起來了
心に屆く 神々しい 光がある
那神聖光芒直達心間
森へ行こうよ
我們去森林吧

 

誰かが叫んだよ
誰在叫喚著
「あの場所にも光はある確かに…」
「那裡確實有光存在…」
どんな悲しみにも希望があるように
無論何種悲傷 總有著希望
空の太陽は 見捨てはしない
空中的太陽 絕不會輕易捨棄
「地球上に溢れている光よ」
「那是滿溢在地球上的光芒喲」
冬の長い夜が 黒く塗りつぶしても
即使漫長冬夜漆黑一片
空を見上げれば 星が見える
只要仰望天空 總能看見星

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()