中日歌詞:

 

夏休(なつやす)みには列車(れっしゃ)に揺(ゆ)られて
田舎(いなか)のおじいちゃん家(うち)へいったっけ
山(やま)に囲(かこ)まれ蟬(せみ)のこえ遠(とお)く
綠側(えんがわ)で晝寢(ひるね)をして夢(ゆめ)を見(み)たよ
還記得那年暑假 列車一路搖曳
載著我去往鄉下的爺爺家
大山環抱 蟬鳴聽來遙遠
我午睡在油油綠意旁 做著美夢

 

どこかを歩(ある)いているのに
なぜか前(まえ)へ進(すす)めずに
汗(あせ)かきながら焦(あせ)ってたんだ
明明想要去往某處
卻為何無法前行
我流著汗 暗自焦急

 

あの日(ひ)の風鈴(ふうりん) ちりんとなって
風(かぜ)はそっと吹(ふ)き抜(ぬ)けた
目(め)には見(み)えない大事(だいじ)なものは
いつのまにか古(ふる)い記憶(きおく)の中(なか)
那日的風鈴 叮噹作響
風輕輕吹過
我卻看不見 重要的寶物
不知不覺間 埋進久遠回憶裡

 


ラジオ體操(たいそう) 好(す)きじゃなかったけど
朝(あさ)の空気(くうき)は澄(すん)んでて気持(きも)ちいい
將來(しょうらい)の夢(ゆめ) 大人(おとな)に聞(き)かれて
そんな先(さき)のことなんかわからないよ
其實我也並不怎麼喜歡廣播體操
教人愉悅的是清晨空氣澄澈乾淨
關於將來的夢想 即使去問大人
他們也無法知曉那麼遙遠的事情吧

 

時計(とけい)の針(はり)はこっそり
知(し)らぬ間(あいだ)に進(すす)んで
鏡(かがみ)の自分(じぶん)は
大人(おとな)だった
時鐘的指針 悄悄地
不知不覺間前進著
鏡裡映出的自己
也變成了大人

 

心(こころ)の風鈴(ふうりん) 聴(き)こえたような
夏(なつ)のそらが黃昏(たそが)れる
すべてのものは変(か)わっていくけど
ずっとずっと僕(ぼく)は少年(しょうねん)のまま
心中的風鈴 彷彿像是聽見了
夏日天際染上夕陽色彩
即使一切最終都會改變
我卻一直 一直 像少年般

 


どこかで風鈴(ふうりん) ちりんとなって
僕(ぼく)はまわり見回(みまわ)した
目(め)にはみえない大事(だいじ)なものは
いつのまにか古(ふる)い記憶(きおく)の中(なか)
ずっとずっと僕(ぼく)は少年(しょうねん)のまま
何處的風鈴 叮噹作響
我環顧四周
卻沒有看見 重要的寶物
不知不覺間 埋進久遠回憶裡
我卻一直 一直 像少年般

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()