中日歌詞:

 

晴れ渡る秋の空
秋天放晴的天空
自転車を走らせた
自行車行走在
國道の脇の道
公路旁邊的小路
あと5分 間に合うかな
只剩下5分鐘 趕得上吧
公園の突き當たりの
公園的盡頭
あの家まで
就到你的家

引越しすると聞かされ
聽到搬家的消息
僕は平気な顔で
我用鎮靜的神色
「元気でな!」って
說『要保重! 』
どうでもいい
無所謂地
フリをしてた
假裝著

コスモスの花は
秋櫻的花
どこか淋しく見える
看上去有點兒寂寞
何も言わずに揺れて
無言地搖曳
季節 見送るだけさ
只為目送著季節的變化
薄紅の記憶は
淺紅的記憶
心の片隅で
埋在心底角落
もういなくなる君の微笑み
那是已經離去的你的微笑

10トンのトラックが
10噸的卡車
今日までの思い出を
到今天為止的回憶
積み込んで出て行くよ
都裝載著準備運走
ギリギリで間に合ったね
時間剛剛來得及吧
自転車で追いかけたよ
用自行車追上去
坂道を‥
登上坡道‥

転校先のクラスで
轉校以後的班裡
彼ができちゃうのかな
能交上男朋友吧
「本當は好きだった」
『真的喜歡過你』
遅すぎるね
已經太遲了

コスモスの花は
秋櫻的花
きっと知ってるだろう
一定知道吧
ずっと 遠くで見てた
一直遠遠地看著
僕は陽射しのように…
我像被日光照射著那樣…
初戀の記憶は
初戀的記憶
気づかれない切なさ
意想不到會這般苦澀
でも忘れない君がいたこと
但忘不了曾經有你的存在

信號が赤になり
信號變成紅燈
トラックに追いついて
追上了卡車
助手席の君が今
副司機座位上的你現在
泣きながら手を振った
一邊哭一邊揮著手

コスモスの花は
秋櫻的花
どこか淋しく見える
看上去有點兒寂寞
何も言わずに揺れて
無言地搖曳
季節 見送るだけさ
只為目送著季節的變化
薄紅の記憶は
淺紅的記憶
心の片隅で
埋在心底角落
もういなくなる君の微笑み
那是已經遠去的你的微笑

でも忘れない君がいたこと
但忘不了曾經有你的存在

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()