日文歌詞:
真冬の海は
静かすぎるね
寄せる波が耳に囁くよ
「今日は一人で来たの?」
過ぎた季節が
砂に埋もれて
片方だけのビーチサンダルが
色褪せた恋

ライフセーバーのあの人と
出会ったこの渚
イチゴミルクのかき氷
溶けるまで話したね

夏のキスは
ずっと残る
日焼けがソバカスに
なるように
見つめ合って
ごく自然に
唇から
唇へと
愛が伝わった
夏のキスは
ずっと残る
鏡のその中に
映ってる
今も胸が
キュンとするよ
心のこの足跡
後悔していないわ

波打ち際で
水をすくって
掌からこぼれる思い出
涙が海になった

2人でいなきゃ
風が冷たい
監視台が立ってた辺りで
はぐれたみたい

手を握るのも初めてで
ぎこちなく歩いた
永遠より長いような
照れくさい夢を見た

夏の恋は
続かないって
いつか先輩から
聞かされた
小麦色の
跡を残す
忘れられない
恋のかけら
切なく数えた
夏の恋は
続かないって
否定していたけど
本当ね
この海には
もう来ないわ
あの人がいないなら
陽に焼けることもない

夏のキスは
ずっと残る
日焼けがソバカスに
なるように
見つめ合って
ごく自然に
唇から
唇へと
愛が伝わった
夏のキスは
ずっと残る
鏡のその中に
映ってる
今も胸が
キュンとするよ
心のこの足跡
後悔していないわ

中文歌詞:

 

嚴冬的大海
真是太過安靜了呢
聚集的浪花在耳邊傾訴
今天是一個人來的?
用沙子把逝去的季節埋了起來
只剩單腳的沙灘涼鞋 就像褪色的戀愛一樣

與救生員的那個人 相遇的這個海邊
草莓牛奶的刨冰 在說話間融化了呢

夏日的親吻 就像曬黑後的雀斑一樣 一直殘留著
非常自然的相互凝視
借由雙唇將愛意傳遞
夏日的親吻一直殘留著
在鏡中映照得出來
直到現在依然心動不已
對於心中這段過往
不曾覺得後悔

海浪拍打的岸邊
用手將海水捧起
回憶有如淚水般從指縫流出 與海水融合了

不再是兩個人了
風也變得好冷
在那個救生塔的附近 我與你走散了

第一次牽著手
動作僵硬的走著
也做過比永遠更長久的與你在一起 這樣害羞的夢

 

 

夏日戀情是無法持續的
曾聽前輩這麽說過
小麥色的痕跡殘留
傷心細數戀愛的碎片 難以忘懷
夏日戀情是無法持續的
竟是如此的難以否定
既然他已不在 我再也不會回來這個海邊了
也不會在太陽下燃燒青春了

夏日的親吻 就像曬黑後的雀斑一樣 一直殘留著
非常自然的相互凝視
借由雙唇將愛意傳遞
夏日的親吻一直殘留著
在鏡中映照得出來
直到現在依然心動不已
對於心中這段過往
不曾覺得後悔

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()