日文歌詞:
海岸線を走る列車で
家族と向かった夏休み
長いトンネルを抜けた時に
麦わら帽子が飛ばされた

あの頃の絵日記を
開く度 思い出すよ
蝉の合唱と
壊れた扇風機

潮風の招待状
もらったよ
おばあちゃんの家まで
久しぶりに出かけよう
縁側に寝転んで
昼寝しよう

冷たい井戸の水に漬けてた
スイカは田舎の味がした
種の飛ばし方 見せてくれた
従兄の笑顔が懐かしい

浴衣着た夏祭り
綿菓子が好きだった
空に打ち上がる
大人びた花火

潮騒の招待状
聞こえるよ
入道雲の彼方に…
主のいない瓦葺き
石段に腰を掛けて
話しよう

海が見える丘で眠っている
今も おばあちゃんが
待ってくれてるようで…
悲しみは いつしか
美しい花になる

潮風の招待状
もらったよ
おばあちゃんの家まで
久しぶりに出かけよう
縁側に寝転んで
昼寝しよう

潮騒の招待状
聞こえるよ
入道雲の彼方に…
一人きりで出かけよう
喜んでくれるはず
よく来たねと…

大人になった私のこと
見守っていてね ずっと

中文歌詞:

 

奔跑海岸線上的列車

 

載著我和家人去往暑假

 

駛出長長隧道的時候

 

草帽被風兒吹跑了

 

那時的繪畫日記

 

每當打開就湧出回憶

 

夏蟬的合唱與壞掉的風扇聲

 

海風的邀請函

 

收到了喲

 

在去往祖母家的路上

 

這是久違了的出遊呢

 

在走廊上橫躺著午睡吧

 

浸過了清涼的井水之後

 

西瓜也有了田園的味道

 

對我展示著撒種子的方法

 

表兄的笑容真令人懷念

 

穿著浴衣的夏祭

 

我喜歡棉花糖

 

飛向了天空的

 

成熟的焰火

 

海浪的邀請函

 

聽到了喲

 

從積雨雲那兒傳來

 

沒人居住的屋簷下

 

坐在石階上聊個天吧

 

在看得到海的山丘上睡著了

 

直到現在祖母也在等我回去

 

心中的悲傷總有一天

 

會化為美麗的花朵

 

海浪的邀請函

 

聽到了喲

 

在去往祖母家的路上

 

這是久違了的出遊呢

 

在走廊上橫躺著午睡吧

 

海浪的邀請函

 

聽到了喲

 

從積雨雲那兒傳來

 

獨自一人出遊吧

 

應該會感到喜悅

 

能來到真好

 

我變成熟的一點一滴

 

都請守護著吧 永遠...

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()