日文歌詞:
テレビのニュースが伝える
匿名で守られた悲劇も
携帯のメールを打ちながら
絵文字のような日常

大人は訳知り顔して
動機を探しているけど
ピント外れたその分析は
笑えないギャグみたい

偏差値次第の階級で
未来が決められてる
もう 頑張っても
どうしようもないこと
ずいぶん前に
気づいてただけ
私たち

軽蔑していた愛情
知らぬ間に求めている
孤独になんてなりたくない
抱きしめて欲しかった
誰かに…

鳥になろうとした少女は
屋上に靴をちゃんと揃えて
マナーを誉めて欲しかったのか
それとも当てつけなのか

いじめが“あった”とか
“なかった”とか
今更 アンケートを取っても
聞いて欲しかった心の声は
風の中 届かない

責任転嫁のプロセスで
偉い人を泣かせる
まだ わかってない
愚かすぎる連鎖を…
指を差すのは
何もしなかった
この自分

軽蔑していた愛情
裏腹に飢えているの
不安に気づかぬふりしながら
やさしい目 探してた
いつでも…

軽蔑していた愛情
知らぬ間に求めている
孤独になんてなりたくない
抱きしめて欲しかった
誰かに…
いつでも…

中文歌詞:

 

電視新聞播放著

 

通過匿名保護的悲劇

 

如同打手機簡訊時

 

繪文字般稀鬆平常

 

雖然大人們假裝瞭解

 

探尋著自殺的動機

 

那些偏離焦點的分析

 

卻如同一個冷笑話

 

標準分數的順次排列

 

決定了我們的未來

 

即使再怎麼努力

 

也只是無濟於事

 

我們不過是太早注意到這點

 

我曾輕蔑的愛情

 

卻在不知不覺中渴望著

 

我不想陷入孤獨

 

想被人緊緊抱著 是誰都好

 

盼望化為鳥兒的少女

 

在屋頂將鞋子整齊擺好

 

是想被稱讚懂得禮儀

 

還是留給社會的諷刺呢

 

欺負的存在“有”或“沒有”

 

事到如今再做詢問調查

 

想得到傾聽的心聲

 

也無法傳達到了

 

轉嫁責任的過程中

 

有頭有臉的人都哭了

 

他們卻還是不懂

 

太過愚蠢的連鎖

 

最后怪責指向的卻是

 

什麽都沒做過的自己

 

我曾輕蔑的愛情

 

反而讓我感到渴望

 

一邊掩飾著自己的不安

 

一邊尋找著溫柔的目光

 

無法停止

 

愛情我曾輕蔑的愛情

 

卻在不知不覺中渴望著

 

我不想陷入孤獨

 

想被人緊緊抱著 是誰都好

 

無法停止

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()