日文歌詞:
テレビのニュ一スが伝える
匿名で守られた悲劇も
攜帶のメ一ルを打ちながら
繪文字のような日常

大人は譯知り顏して
動機を探しているけど
ピント外れたその分析は
笑えないギャグみたい

偏差值次第の階級で
未來が決められてる
もう 頑張っても
どうしようもないこと
ずいぶん前に
氣づいてただけ
私たち

輕蔑していた愛情
知らぬ間に求めている
孤獨になんてなりたくない
抱きしめて欲しかった
誰かに...

鳥になろうとした少女は
屋上に靴をちゃんと揃えて
マナ一を譽めて欲しかったのか
それとも當てつけなのか

いじめが「あった」とか
「なかった」とか
今更 アンケ一トを取っても
聞いて欲しかった心の聲は
風の中 屆かない

責任轉嫁のプロセスで
偉い人を泣かせる
まだ わかってない
愚かすぎる連鎖を...
指を差すのは
何もしなかった
この自分

輕蔑していた愛情
裡腹に飢えているの
不安に氣づかぬふりしながら
やさしい目 探してた
いつでも...

輕蔑していた愛情
知らぬ間に求めている
孤獨になんてなりたくない
抱きしめて欲しかった
誰かに...

いつでも...

中文歌詞:

 

新聞媒體不斷報導著
匿名保護被害者的悲劇
就像是發簡訊打表情文字般
早已讓人習以為常

大人一副裝懂的表情
探究著事件的動機
那些不中紅心的分析
就像是難以發噱的冷笑話

錄取率決定一切
早已為你的未來下定奪
就算再怎麼努力
也不會有好結果
這道理我們老早就已知曉

我輕蔑愛情
卻又不經意地渴求
我害怕孤單一人
多盼望能被人擁入懷裡…

想幻化為鳥兒的少女
在屋頂上將雙鞋擺齊
為的是想要博得喝采
還是想要諷刺什麼

校園霸淩的“有”與“無”
就算填再多的問卷調查
真正想道出的心聲
卻消逝在風裡 無法傳遞

嫁禍於人的完美計畫
讓大人們傷心哭泣
我還是無法明白
愚蠢過頭的連鎖反應…
手指頭指的是
明明什麼都沒做的自己

我輕蔑愛情
卻又表裡不一地飢求
刻意隱藏心裡的不安
一直尋找著
那雙溫柔的眼眸…

我輕蔑愛情
卻又不經意地渴求
我害怕孤單一人
多盼望能被人擁入懷裡…

直到永遠…

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()