日文歌詞:
秋から冬への途中 僕たちは
近道したつもりで
やさしさと 風を忘れていたよ
サヨナラつぶやく 君の表情は
陽射しが屆かず
愛はもう 枯れてしまった
空にひこうき雲 白く棚引く線よ
誰の思いが殘るの?
振り向く餘裕もないまま…
時のひこうき雲
爪を立てたみたいに
細く生々しい傷跡
僕はぼんやりと 眺めていた

橫切るどこかの貓は 僕たちを
どんな目で見てるのか?
子どもに落書きされた アスファルト
思い出を跨(また)いでる
どこかで2人は また會えるのかな
記憶の街角 人が多すぎるから
愛はひこうき雲 淡い一筆書き
二度と戾れないあの日に
切なく うしろ髮引かれ…
まるでひこうき雲 淚を 隱すように
遠く 右手を翳(かざ)して
君は悲しみを 見送っていた

空にひこうき雲 白く棚引く線よ
誰の思いが殘るの?
振り向く餘裕もないまま…
愛のひこうき雲 後を追いかけるみたいに
少し 遲れて聞こえた
空を飛ぶ音と 泣いた聲
ひこうき雲 淚を隱すように
遠く 右手を翳(かざ)して
君は 悲しみを 見送っていた

中文歌詞:

 

秋から冬への途中
從秋天步入冬天的途中
僕たちは近道したつもりで
我們本想抄近路
未來への曲がり角と
通往未來的拐角
やさしさと風を忘れていたよ
和你的溫柔 以及微風 都忘記了
サヨナラつぶやく
輕聲說再見
君の表情は
你的表情好像
陽射しが屆かず
陽光照不到
愛はもう 枯れてしまった
愛已經  枯萎了
空にひこうき雲
空中的航迹雲
白く棚引く線よ
潔白拖長的線
誰の思いが殘るの?
殘留的是誰的思緒
振り向く餘裕もないまま・・・
顧不上回首
時のひこうき雲
時間的航迹雲
爪を立てたみたいに
就像伸出手指甲
細く生々しい傷跡
劃出的細細傷痕
僕はぼんやりと眺めていた
我隻是心不在焉的眺望着

 

橫切るどこかの貓は
面前橫穿過去的貓
僕たちをどんな目で見てるのか?
正在用怎樣的眼神看我們
子どもに落書きされたアスファルト
被孩子們寫滿塗鴉的柏油路
思い出を跨(また)いでる
跨過回憶
どこかで2人は
我們倆在某處
また會えるのかな
還會再見面吧
記憶の街角
記憶的街角
人が多すぎるから
人總是太多
愛はひこうき雲
愛的航迹雲
淡い一筆書き
談談的劃過一筆
二度と戻れないあの日に
再也無法回到那一天
切なく うしろ髪引かれ・・・
難過而又依依不舍
まるでひこうき雲
就像那航迹雲
涙を 隠すように
爲了隐藏淚水
遠く 右手を翳して
向着遠方高高舉起右手
君は悲しみを見送っていた
你目送着悲傷

 

 

空にひこうき雲
空中的航迹雲
白く棚引く線よ
潔白拖長的線
誰の思いが殘るの?
殘留的是誰的思緒
振り向く餘裕もないまま・・・
顧不上回首

愛のひこうき雲
愛的航迹雲
後を追いかけるみたいに
像是在後面追趕
少し 遅れて聞こえた
稍稍延遲才聽到
空を飛ぶ音と泣いた聲
飛機的聲音和你的哭聲
ひこうき雲
航迹雲
涙を 隠すように
爲了隐藏淚水
遠く 右手を翳して
向着遠方高高舉起右手
君は悲しみを見送っていた
你目送着悲傷

 

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()