日文歌詞:

夏を待ち伏せしている
空と太陽と水平線
僕は1人 犬を連れて
白い砂濱を步いた
海の家の骨組みが
今はまだまだ未完成でも
通り過ぎた戀のように
何となく覺えているよ
君と食べたとうもろこしは
中に火が通っていなかったよね
2人は一緒に 吹き出したっけ
笑い聲が懷かしい
風の行方に やっと 氣づいた
僕は君のあの笑顏に
心 癒されていたんだ
風の行方に 思い溢れる
もう近くに君はいない
誰に癒されればいいの?
どうしようもなく 寂しい

長い一年が過ぎて
梅雨が明けたら 眩しい季節
ウェットス一ツを 脫いだサ一ファ一
あの日の波を探している
君は陽に灼けたくないって
キャップを目深(まぶか)に被ってたね
キスをする時に 邪魔になったよ
ぎこちなく抱きしめた
雲が流れて 夏が近づく
胸の奧の天氣予報
高氣壓が張り出してる
雲が流れて 君が愛しい
花火の寫メ 撮りたいなら
今年 もう一度 來ればいい
別れた理由は 忘れて

波打ち際で
消えてしまった
砂の上に描いたハ一トと
君のその足跡 I MISS YOU!

風の行方に やっと 氣づいた
僕は君のあの笑顏に
心 癒されていたんだ
風の行方に 思い溢れる
もう近くに君はいない
誰に癒されればいいの?
どうしようもなく 寂しい

 

中文歌詞:

 

靜待夏天的
天空太陽和海平線
我一個人 帶著狗
走在白色沙灘


就算海之家的骨架
現在都還沒有完成
但就像逝去的愛情
總還是留有一點印象


跟你一起吃的玉米
根本還沒有烤熟吧
我們好像 一起笑了出來呢
那笑聲真叫人懷念


風的去向
終於 察覺到了
因為你的笑容
讓我的心靈 獲得很大的安慰
風的去向
充滿思念
你已經不在我身邊
又有誰能安慰我?
無可奈何的
寂寞


經過漫長的一年
雨季過後就是 耀眼的季節
脫掉潛水衣的 衝浪手
卻還在找尋那天的浪潮


你說你不想曬太陽
所以把帽子戴得好深
吻你的時候 很礙事
連擁抱都不太順手


雲朵流動
夏天近了
心底的天氣預報
出現了高氣壓
雲朵流動
我想念你
如果 想拍煙火的照片
今年 再來一次 不就好了
分手的理由
我已經淡忘…


潮來潮往之際
消失了的是
畫在沙上的心與
你的腳印
I MISS YOU


風的去向
終於 察覺到了
因為你的笑容
讓我的心靈 獲得很大的安慰
風的去向
充滿思念
你已經不在我身邊
又有誰能安慰我?
無可奈何的
寂寞

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()