日文歌詞:
花柄のカ一テンを開ければ
降り注ぐ夏の太陽
目の前に廣がる真っ青な海
背中から抱きついた君さ
戀は神樣の氣まぐれ
顏を近づけて…
アイスのくちづけ なぜだか
甘くて冷たくて
胸の奧のどこかが キュンとした
アイスのくちづけ ちょっぴり
ぶどうの味がした 凍った果實を
食べていたんだね
無邪氣に笑い轉げる
そんな君が愛しい

ジリジリと陽に灼いた肌は
一緒に過ごした時間
カレンダ一めくって 掃ると言った
わがままが君らしい突然
僕は「どうして?」と聞けずに
拗ねたフリをした
アイスのときめき ハ一トが
リプレイしているよ
さっきよりも切ない 夢になる
アイスのときめき ごめんね
いたずらしたことを
なだめるみたいに
僕にハグをして
1人で部屋を出て行く
そんな君が愛しい

君は貓のように自由で
誰にも止められない
アイスのくちづけ なぜだか
甘くて冷たくて
胸の奧のどこかが キュンとした
アイスのくちづけ ちょっぴり
ぶどうの味がした
凍った果實を
食べていたんだね
無邪氣に笑い轉げる
そんな君が愛しい

中文歌詞:

 

拉開花色窗簾
沐浴在夏陽之中
眼前藍色的海寬闊
你從背後抱住我


愛情是上帝的心血來潮
靠近你的臉…


冰淇淋之吻
不知道為什麼
甜蜜又冰冷
心底深處
突然一緊
冰淇淋之吻
帶一點
葡萄的味道
原來是品嚐著
冰凍的果實
天真地笑到腰都彎了
我最愛那樣的你


皮膚被陽光灼得微微刺痛
我們共度時光
翻開日曆
你卻說要回家了
這樣的任性是你的突然


我連「為什麼?」都問不出口
只是假裝鬧脾氣

 


冰淇淋的悸動
我的心
又在重播了
變成一場
比剛剛還感傷的夢
冰淇淋的悸動
對不起喔
不該惡作劇的
彷彿安撫似地
緊緊擁抱我之後
就一個人走出房間
我想念那樣的你


你像貓般自由
誰都攔不了你


冰淇淋之吻
不知道為什麼
甜蜜又冰冷
心底深處
突然一緊
冰淇淋之吻
帶一點
葡萄的味道
原來是品嚐著
冰凍的果實
天真地笑到腰都彎了
我最愛那樣的你

 

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()