日文歌詞:
まだ誰も来ていない教室
窓際に立って校庭を見てた
野球部が汗を流す朝練
白いユニフォーム あなた追いかけた

カーテンの中に想いを隠して
柔らかな日差しと風が切なく感じる

秋にはどうして誰もが
恋するのでしょう?
制服の上着を探すように…
ハートのどこかが涼しくて
人恋しくなる
一番近くで気になるあなたに夢中

授業中 消しゴムを落として
振り向いた先に眠ってるあなた
そう きっと 甲子園の夢見て
先生の声も 子守唄代わり…

できることならば両手に抱きしめ
短く刈り上げた髪を撫でてあげたいよ

秋にはどうして誰もが
やさしくなれるの?
昨日より夕陽が早く落ちて
ハートのまわりが影になり
不安になるのね
コスモスみたいに揺れてる私の季節

やがて巡る冬の前に
愛しさを胸に閉じ込めよう

秋にはどうして誰もが
恋するのでしょう?
制服の上着を探すように…
ハートのどこかが涼しくて
人恋しくなる
一番近くで気になるあなたに夢中

秋にはどうして誰もが
やさしくなれるの?
昨日より夕陽が早く落ちて
ハートのまわりが影になり
不安になるのね
コスモスみたいに揺れてる私の季節

中文歌詞:

 

在還沒有人來的教室裡
我站在窗邊看著校園
棒球社揮汗如雨的晨練
視線追隨著 身穿白色制服的你

 


把心意隱藏在窗簾中
和煦的陽光和秋風讓我感到無奈

 


為什麼秋天每個人
都會墜入情網?
彷彿在找尋制服的外套…
內心某處涼意陣陣
好想和你說說話
迷戀最靠近我身旁讓我在意的你

 


上課中 橡皮擦掉到地上
一回頭就看到在睡覺的你
對啊 一定是夢到甲子園
就連老師的聲音 都變成搖籃曲…

 


可以的話我好想用兩手緊緊抱住你
輕撫你那俐落的短髮

 


為什麼秋天每個人
都能變得溫柔?
夕陽比昨天更早下山
內心四周化作了陰影
讓人好不安啊
如秋櫻般搖曳 我的季節

 


在冬天遞嬗而來之前
就把這份愛意深埋在心中吧

 


為什麼秋天每個人
都會墜入情網?
彷彿在找尋制服的外套…
內心某處涼意陣陣
好想和你說說話
迷戀最靠近我身旁讓我在意的你

 


為什麼秋天每個人
都能變得溫柔?
夕陽比昨天更早下山
內心四周化作了陰影
讓人好不安
如秋櫻般搖曳 我的季節

 

上課中 橡皮擦掉到地上
一回頭就看到在睡覺的你
對啊 一定是夢到甲子園
就連老師的聲音 都變成搖籃曲…

 


可以的話我好想用兩手緊緊抱住你
輕撫你那俐落的短髮

 


為什麼秋天每個人
都能變得溫柔?
夕陽比昨天更早下山
內心四周化作了陰影
讓人好不安啊
如秋櫻般搖曳 我的季節

 

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()