いつものように一人帰りカギをさしドアを開けると
就像往常一樣,用鑰匙打開門之後
「おかえり」と君が出迎えてくれるなんて淡い期待抱いて
我一直抱著淺淺的期待希望你會迎出來跟我說“你回來了”

傷つくのを怖れいつも目を背け逃げてきたけど
害怕受到傷害,總是被過身去,逃開你的目光
街で君の香り感じる度
在街上感到你香氣的時候
知らずに振り向いた自分がいる
我不由自主的回頭尋找你的踪跡
見えてない答えがあるとすれば
就算看不到你,能聽到你的回答
消えてない 君の優しい腕と
無法忘記的是,你柔美的手
「好きだよ」頬にそっとキスをして
輕撫過我的臉頰,說著我愛你,輕輕的吻我,
永遠を誓い合って あの夜
發誓永遠相廝相守的那一夜
大きなキャンバスに二人光りの粒散りばめてさ
偌大的校園中的兩個人,在流散的星光下
たくさん計畫立てた事は
所立下的全部計劃
もう全部行なうこともなくて
已經不能完全執行了

忙しいあまりに空をいつの間にか見なくなってた
忙忙碌碌中,沒有時間抬頭仰望天空
見上げた星空手が屆きそうで涙が止まらないの
彷彿伸手就能摘到天頂的星星,卻止不住流淌的眼淚

見えてない答えがあるとすれば
就算看不到你,能聽到你的回答
消えてない 君とむかえた朝と
無法忘記的是,與你共同迎來的清晨
「好きだよ」胸にそっと抱き寄せて
輕輕的擁我入懷,輕輕的說著 我愛你
永遠を誓い合った あの日々
那些共同約定,直到永遠的日子

あの時 見送った背中
那時,看著你遠去的背影
聲枯らし止めれば良かったの?
如果我哽咽著留下你,那樣會更好吧
暗い後悔ばかり幾度となく駆け巡ってくの
在黑暗中,我無數次的後悔不已,追趕著你的身影
見えてない答えがあるとすれば
就算看不到你,能聽到你的回答
消えてない 窓の隙間から見える太陽
無法忘記的是,窗間灑下的陽光,
私の震える肩 溫めて 目を閉じて
我緊閉雙眼,感受著你溫暖我顫抖的雙肩
気づけなかった答え 見つけた
終於看到,那一直沒有尋覓到的答案

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()