いつものように一人帰り
カギをさしドアを開けると
「おかえり」と君が出迎えてくれるなんて
淡い期待抱いて

傷つくのを怖れ
いつも目を背け逃げてきたけど
街で君の香り感じる度
知らずに振り向いた自分がいる

見えてない答えがあるとすれば
消えてない君の優しい腕と
「好きだよ」頬にそっとキスをして
永遠を誓い合った あの夜

大きなキャンバスに二人
光りの粒散りばめてさ
たくさん計畫立てた事は
もう全部行なうこともなくて

忙しいあまりに空を
いつの間にか見なくなってた
見上げた星空
手が屆きそうで
涙が止まらないの

見えてない答えがあるとすれば
消えてない 君とむかえた朝と
「好きだよ」胸にそっと抱き寄せて
永遠を誓い合った あの日々

あの時 見送った背中
聲枯らし止めれば良かったの
暗い後悔ばかり
幾度となく駆け巡ってくの

見えてない答えがあるとすれば
消えてない 窓の隙間から
見える太陽
私の震える肩 溫めて
目を閉じて
気づけなかった答え 見つけた


嚮往常一樣獨自回去 插上鑰​​匙打開門
淡淡期盼
你會迎接我說「你回來了」

害怕受傷 總是移開視線逃避
每次在街上查覺你的味道
不自覺就會回頭的自己

若是有看不見的答案
挽著沒有消失的你的溫柔臂膀
「愛你喔」悄悄地在臉頰上一吻
相互譬言永恆的那一夜

我倆在偌大的校園 鑲嵌著閃亮光粒
計劃了很多事
已經無法全部完成

過於忙碌而不知不覺就沒空看看天空
仰望星空 彷彿伸手可及而淚流不止

若是有看不見的答案
迎接沒有消失的你的早晨
「愛你喔」悄悄地在擁入胸口
相互譬言永恆的那一天

那時目送著背影
是否該聲嘶力竭力留下你呢
盡是晦暗的後悔 奔走無數回

若是有看不見的答案
從沒有消失的窗戶空隙可以看見太陽
溫暖我顫抖的肩膀 閉上眼
找到了沒有註意到的答案

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()