青空にかざした手
隙間から顏を出す夏雲
後ろから君が呼ぶ
いつもより無邪気な笑顏で僕を見る
あれからどれくらいの
時が経ち傷ついていただろう
それでも僕たちは
歩き続けるの?捜し続けるの?

裸足で駆け抜けて
二人で笑いあった
ちょっとだけ振り向いて
遠い記憶に描いた未來
僕の目に映るもの 君の目に映るもの
きっとそれはひとつだよと
風が頬をなでる

ラジオから流れる曲
いつか君が口ずさんでた
懐かしくなる
あの時と今とでは
何が変わってしまったのだろう
疑い見失い
離れてしまうの?嫌いになれるの?

砂浜駆け抜ける
君の後ろ姿
ちょっと待って 行かないで
どうにかしたら まだ屆くかな
君の胸にあるもの 僕の胸にあるもの
きっと同じはずだよと
ぎゅっと抱きしめたい

君の口癖と 僕の口癖になって
君の歩く速さが僕の歩幅になってたんだ
今気付いたこんなにこんなに大きな気持ち
君がいるから ただそれだけで

裸足で駆け抜けて
二人で笑いあった
ちょっとだけ振り向いて
遠い記憶に描いた未來
僕の目に映るもの 君の目に映るもの
きっとそれはひとつだから
変わらないと 離さないと
ずっと

向藍天舉起的手
從指縫裡露出夏雲的臉龐
你在身後呼喚
用比平時更加天真的笑臉看著我
在那之後時間流逝的傷痛
即使這樣我們也沒有停止腳步一直尋找著嗎

光腳飛奔的兩人
歡笑著
回顧在遙遠的記憶裡描繪下的未來
你我眼裡所倒映的東西一定是相同的
微風輕撫臉頰

廣播里傳來的歌曲
懷念起那是你一直哼著的
那時與現在
有什麼已悄然改變
迷失猜疑
分開後會變得討厭嗎

飛奔於海灘
你的背影
“稍微等等 不要走”
如果想方設法 或許能傳達得到吧
你我心裡所擁有的東西應該​​是相同的
想緊緊擁抱你

你的口頭禪變成了我的
你走路的速度也變成我的步幅
現在意識到了 如此強烈的感情
只是因為有你

光腳飛奔的兩人
歡笑著
回顧在遙遠的記憶裡描繪下的未來
你我眼裡所倒映的東西一定是相同的
所以不會改變 不會分離
永遠..

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()