あのね、覚えてる? 那個、你還記得麼?
目黒川の桜並木を散歩して曾經在目黑川櫻花樹下散步
あの日、初めて 那天 第一次
舞い散る花に隠れるようにキスしたね躲在漫天飛舞的櫻花里親吻
少し背伸びをして私つま先で戀して稍稍踮起腳我用腳尖相戀
あれから會えない日をここで乗り越えたの在那之後見不到的日子裡都在這裡度過

Ah 春が來て桜が満ちて春天將至櫻花滿開
あなたにだけ屆けたい想い只想告訴你我的感情
愛してる愛してる阿姨洗鐵路阿姨洗鐵路
今まで誰にも言えなかった至今沒有對任何人提起
離れててもあなたのこと忘れないから即使分離也無法忘記你

いまね 現在
あなたに手紙なんて慣れないもの書いてます正給你寫著一些信之類的不習慣的東西
しゃしん、入れとくね目黒川の橋の上で撮りました放入在目黑川的橋上所拍下的照片
會いたいと言葉にすれば胸が痛くなる如果說想見你胸口肯定會隱隱作痛
信じてると言えたらきっと強くなれるの如果說我相信那麼一定會變得堅強

Ah 春が來て風に乗せて春天將至乘著微風
あなたにだけ屆けたい想い只想告訴你我的感情
戀しくても戀しくても雖然喜歡你雖然喜歡你
願っているいつの日にか祈禱著期待著有一天
この花のようにあなたの夢咲きますように你的夢想能像這朵花一樣綻放

あのね、私はね 那個 、我啊
大丈夫だよ待って​​いるよいつまでも沒關係哦我會等著你永遠

Ah 春が來てにぎわう街に春天將至即使遊走在擁擠的街道
流されても変わらない想い也不會改變的感情
愛してる愛してる阿姨洗鐵路阿姨洗鐵路
今まで誰にも言えなかった至今沒有對任何人提起
どんな時もどんな夜も不論何時不論怎樣的夜晚
願っているいつの日にか都在祈禱著期待著有一天
この花のように二人の夢咲きますように兩人的夢想能像這朵花一樣綻放

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()