ぎりぎりだって一人きりだって就算到達極限即使孤單一人
負けたくないの冗談じゃないわ我也不想要認輸開什麼玩笑
don't cry anymore don't cry anymore不要再哭了不要再哭了
強くならなきゃ言い聞かせてる必須要振作告誡自己
どんな時でも泣かないから無論何時都不要哭泣

ぬくもり感じ眠ると幸せだった感受著溫暖入眠是多麼幸福
それが永遠に続くと思ってた曾以為能夠永遠這樣下去
なのにどうしてなんだろう可是究竟是怎麼了
信じてたものは噓だったの我堅信的東西竟是謊言
こんな時そばにいてくれたらいいのに明明這樣的時候最需要你陪伴在身邊
震える足で今踏み出したいよ此刻我試著用顫抖的雙腳邁出一步

ぎりぎりだって一人きりだって就算到達極限即使孤單一人
負けたくないの冗談じゃないわ我也不想要認輸開什麼玩笑
don't cry anymore don't cry anymore不要再哭了不要再哭了
強くならなきゃ言い聞かせてる必須要振作告誡自己
どんな時でも泣かないから無論何時都不要哭泣

どこを探しても私の居場所が見つからない四處尋覓卻也無法找到屬於我的容身之所
聲が聞きたいよ本當は會いたいけど想要聽到你的聲音真的好想見到你
振り返らずに歩いていかなくちゃ但我不能回頭不得不繼續向前走

ぎりぎりだって輝きたくて就算到達極限也想要閃耀光芒
私ならまだやれるはずだわ我覺得我自己應該還能堅持得住
don't cry anymore don't cry anymore不要再哭了不要再哭了
涙こらえて顏上げたら大丈夫だよと呟いてみる忍住淚水揚起頭輕聲說給自己聽:沒事的
何を信じたらいいのかもうわからなくて到底應該相信什麼我已經搞不懂了
もがいて迷って掙扎著困惑著摑みたい今葉えたい但還是想要抓住些什麼將此刻想要實現的那些
小さなこの手に托して握り締めるよ寄託於這雙小小的手中緊緊握住不放

ごめんそんなに強くないんだ抱歉其實我沒有那麼堅強
挫けそうになる時だってあるよ也會有脆弱到不堪一擊的時候
たとえ微かな希望だとしても即使只是微弱渺茫的希望
持ち続けたいずっと我也會一直將它們怀揣於心

ぎりぎりだって一人きりだって就算到達極限即使孤單一人
負けたくないの冗談じゃないわ我也不想要認輸開什麼玩笑
don't cry anymore don't cry anymore不要再哭了不要再哭了
強くならなきゃ言い聞かせてる必須要振作告誡自己
無理矢理だってがむしゃらになって就算勉強硬幹橫衝直撞
生きてゆくんだ終わりじゃないわ我也要繼續下去才不會就此完蛋
don't cry anymore don't cry anymore不要再哭了不要再哭了
あなたの聲を思い出してる我想起了你對我說過的話
どんな時でも泣かないから無論何時都不要哭泣
いつかきっと笑えるから總有一天一定能夠歡笑

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()