花は散りゆく季節はめぐる花兒凋謝季節變遷
涙ひとしずくこぼれ落ちる一滴眼淚奪眶而出
いつか思い出に出來るかな何時才能將其變為回憶
好きすぎるからもうサヨナラ因為太喜歡了所以選擇再見
想いの果ては空の彼方へ海の底よりも深いなんて思念的盡頭彷彿無邊的天空深如海底
ほんの少しの未來見えたって“其實我們還是能看到一點未來”
淡い期待だけさせないで不要給予我這樣渺小的期待
想いの果ては空の彼方へ悲しみに悲しみ重ねないで思念的盡頭朝著無邊的天空不要讓悲傷重複悲傷
いつかきらいになるその前にもうサヨナラ總有一天我會討厭你所以在那之前說再見
名前呼ぶ聲がやさしいよね呼喚我名字時溫柔的聲音
ずっと続いてく気がしてた曾經以為那會是永恆
ぬくもりは近くにあるのに明明溫熱還留在身邊
私はどこかさみしかったの我卻不由的寂寞起來

花は散りゆく季節はめぐる花兒凋謝季節變遷
涙ひとしずくこぼれ落ちる一滴眼淚奪眶而出
始まらない二人だからこんなに好きだけどサヨナラ我們不可能開始雖然這麼喜歡還是不得不再見
サヨナラサヨナラサヨナラサヨナラ再見.......
(I don’t wanna say)

過ぎ去りし日々は流れる雲形を変えて空に溶けても過去的曾經是流動的雲朵即使改變形狀融化於天空
埋まらない心の隙間はなぜ二人を遠ざけてしまうの心中無法填補的縫隙為何將我們疏遠
過ぎ去りし日々は流れる雲過去的曾經是流動的雲朵
わかり合っていると信じてたの一度相信能夠彼此理解
いつか消えてしまうその前にもうサヨナラ總有一天會消失所以在那之前說再見
なんていやだよ 果然還是不捨
抱き締める腕はあたたかくていつも幸せを感じてた緊擁我時雙臂的溫暖感受的幸福
信じるたびに強くなれた每當這樣相信就能變得堅強
求めてばかりで脆くなった可越是渴望就變得越是脆弱

花は散りゆく季節はめぐる花兒凋謝季節變遷
涙ひとしずくこぼれ落ちる一滴眼淚奪眶而出
これ以上そばにいれないの屆かない背中にサヨナラ已經不能留在身邊了朝著觸不到的背影說再見
サヨナラサヨナラサヨナラサヨナラ再見.......
(I don’t wanna say)

巡り逢えたこと間違いじゃないよね我們的相遇不是個錯誤
だけどもう伝えられないこんなにも好きなのに可已經傳達不了明明如此喜歡

花は散りゆく季節はめぐる花兒凋謝季節變遷
涙ひとしずくこぼれ落ちる一滴眼淚奪眶而出
いつか思い出に出來るかな何時才能將其變為回憶
好きすぎるからもうサヨナラ因為太喜歡了所以選擇再見
サヨナラサヨナラサヨナラサヨナラ再見....

名前呼ぶ聲も抱きしめる腕も呼喚名字的聲音緊擁的雙臂
二人の未來も昨日までの思い出も我們的未來昨日為止的回憶
(I don’t wanna say)
想いの果ては空の彼方へ思念的盡頭朝著無邊的天空
想いの果ては空の彼方へ思念的盡頭朝著無邊的天空

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()