今夜の月は なぜか一回り大きくて
今夜的月亮 為何像是大了一輪
いつもより明るく照らす
比往日更明亮地照耀著
背中を丸めてとぼとぼ帰る道
弓著背蹣跚走在回家路上
どんな時も味方はいる
無論何時同伴總在這裡

何も言わず 泣けたらいいね
不需多言 大哭一場就好
涙が涸れたら終わり
眼淚凝固時隨之終結
もっと 僕が強くならなきゃ…
更強 我必須變得更加強大…
悲しみは自立への一歩
悲傷是走向自立的一步啊

何度 傷つけば 痛みを忘れる?
要受多少次傷 才能忘記痛楚?
赤い血を流せば 命を思い出すさ
流下鮮紅血液 才回想起生命
道に倒れ 大の字に
躺倒在路上 身呈大字
空を見上げて思う
我仰望著天空思考
真の孤獨とは 過去のない者
真正孤獨的是 沒有過去
今しか知らぬ者
只知道當下的人


昨日の月は どんな大きさだったのか
昨天的月亮 是怎樣的大小呢
掌で形を作る
我以手掌模擬出形狀
生まれたその日からあの世に行く日まで
從降生那天起直到離世那天
見逃すこともきっとある
一定曾經錯失過什麼

仲間たちは ここにはいない
同伴們 並不在這裡
どこかで暮らしているよ
而是在別處生活著
だけど もしも何かあったら
可是 假如發生了什麼的話
いつだって駆けつけるだろう
無論何時總會第一時間前往

何度 傷つけば 月は欠けて行く?
要受多少次傷 月亮才有缺口?
夜明けが近つけば試練も靜かに消える
當破曉接近時 試​​煉靜靜消失
泥を払い 立ち上がり
拂去泥土 重新站起
僕は姿勢を正す
我重新正了正姿勢


つらいことが あった時には
每當遇上艱辛痛苦
瞼を靜かに閉じて
我總是靜靜閉上眼
今日の 大きな月を想って
重新想起 今天大大的月亮
迷ってる足下 照らそう
來照亮我腳下的迷惘

自分に噓つけば 自分を失うよ
若對自己說謊 就會迷失自我
月に雲がかかっても信じてるその道を進め!
即使雲層遮蔽月光仍然朝著相信的路前進吧!
何度 傷つけば 痛みを忘れる?
受過多少次傷 才能忘記痛楚?
赤い血を流せば 命を思い出すさ
流下鮮紅血液 才回想起生命
道に倒れ 大の字に
躺倒在路上 身呈大字
空を見上げて思う
我仰望著天空思考
真の強さとは 夢を見る者
真正強大的是 擁有夢想
愛を信じる者
深信著愛的人

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()