剝き出しのコンクリート憑れながら
我獨自靠在斑駁剝落的牆邊
夜と世間の溫度が落ちて背中が寒い
黑夜來臨世界驟然降溫背後一陣寒意
チカチカと切れかけの蛍光燈
熒光燈一閃一閃快要熄滅
大きくなった心の影を止められない
我無法阻止內心黑影層層擴大

ライブハウス ステージ中
LIVE HOUSE 舞台背後
ベースの奴と毆り合って
和彈鍵盤那傢伙打了起來
「もう解散しよう」と
「不如解散算了」
アンプを切られた
一下子切掉了音響

音が出ないギター
不發聲的吉他
それでもかき鳴らして
我還是自顧自地彈奏起來
やりたい音楽を歌い続けた
只想一直高唱我理想的音樂
気に食わないなら出て行けばいいさ
不滿意的話就給我出去
少年時代 憧れたロックは
少年時期起憧憬的搖滾
俺のプライド
就是我的驕傲


あてもなく人混みとか歩いた街
毫無目的走在人潮擁擠的街上
風に舞ってる古新聞は何を伝える?
隨風飛舞的舊報紙傳達了什麼消息?
やって來たタクシーに乗車拒否され
好不容易等來一輛的士卻又拒載
肩から掛けたギターケースがやけに重い
掛在肩頭的吉他盒越發沉重起來

スタンディング客に「ふざけるな」と
搖滾區內 觀眾大喊著「開什麼玩笑」
いきなり野次を飛ばされたよ
突如其來的一陣喝倒彩
怒りが湧くうちは
在憤怒湧上胸口前
やり直せるんだ
再來一次吧

弦が切れたギター
斷了弦的吉他
本音を隠すよりも
與其默默藏起真實心聲
世界に叫んで 聲を枯らした
不如拼命向世界吶喊 直到聲嘶力竭
愛に飢えてたら愛すればいいさ
假如對愛飢渴就勇敢去愛吧
仲間たちとぶつかったロックが
現在我只想和朋友們唱起
歌いたいんだ
那一曲碰撞搖滾


楽器車 すっと並び
樂器貨車 排成一列
中からドアが開いたんだ
從中開啟了一扇門
みんなが「早く乗れよ」って
大家說著「快上車啊」
めんどくさそうに手招きする夜明け前
費勁地向我招手 即將迎來黎明

音が出ないギター
不發聲的吉他
それでもかき鳴らして
我還是自顧自地彈奏起來
やりたい音楽を歌い続けた
只想一直高唱我理想的音樂
気に食わないなら出て行けばいいさ
不滿意的話就給我出去
少年時代 憧れたロックは
少年時期起憧憬的搖滾
俺のプライド
就是我的驕傲

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()