あの日の心の坂道は
那一天心中的坡道
揺れる木漏れ陽の中
透過樹木灑滿細碎陽光
戀とか呼ぶには幼くて
我們太稚嫩 無法稱為戀愛
あなたの後を拗ねて歩いた
只好在你身後邊走邊鬧彆扭

じゃあまたね
那就拜拜啦
わざとぶっきらぼうに
我故意擺出生硬態度
言ってみたら 瞳から熱いもの
說出口時 眼底卻流下熱淚

水玉模様の思い出は
關於水玉圖案的回憶
光と一緒に影がある
美麗光芒總是伴隨著陰影
大人の気持ちは ずっとわからないよ
我一直搞不懂大人們的想法
16歳
16歲


線路を見下ろす丘の上
站在山丘上俯瞰電車線路
あの都會は遠すぎる
那條街距離我太遙遠
私があなたを抱きしめて
要是我能緊緊地擁抱著你
行かないでって言えばよかった
對你說別走該有多好

迎えに來る
我會回來接你
そんな(の)無責任だよ
這樣的話未免太不負責任
やさしすぎるあなたなんか好きじゃない
我真不喜歡 過分溫柔的你

水玉模様の愛しさは
關於水玉圖案的愛戀
初めて出會った感情で
第一次體會到的感情
何かに満たされ 何か足りなかった
被什麼所填滿 卻又心有不足
16歳
16歲


私の心の花は(花は)
我心中的花朵
目を閉じた空に咲く
在閉上眼的天空盛開

「知らないうちに、涙が心に広がっていきました。
「不知不覺間 眼淚在心間蔓延
切なくて、切なくて、
好難過 好難過
その思いは…水玉模様でした」
那份思念…是水玉圖案的呢」

水玉模様の思い出は
關於水玉圖案的回憶
光と一緒に影がある
美麗光芒總是伴隨著陰影
大人の気持ちは ずっとわからないよ
我一直搞不懂大人們的想法
16歳
16歲

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()