水道の蛇口 顔を近づけ
我將臉靠近 水槽水龍頭
冷たい水 喉に流し込む
水冰冰涼涼 流過喉嚨
斜めに見える あの青空が
斜斜看見的 這一片藍天
どんな時も僕の味方だった
無論何時總是我的同伴

蟬の鳴き聲に ぐるりと囲まれた
夏蟬叫聲 將我們團團包圍
校庭の土に染み込んだ 夏の微熱に
一點點滲進校園泥土 那夏日微熱
君の白いシャツとグレイのスカートが
你的白襯衫與灰裙子
蜃気樓のように 切なく揺れてた
彷如海市蜃樓 搖曳出悲傷影子

心の中に 靜かに風が吹き始め
在我心中 靜靜刮起了陣風
ふと本音が騒ぎ出す
真正心聲突然開始騷動
誰かを好きになるのは
我喜歡上了誰
一人になりたくないから
只是因為不想獨自一人


コンバースの紐 直す振りして
假裝重新綁上 CONVERSE的鞋帶
君のことだけ ずっと見ていたよ
其實我一直 只看著你一個人
乾いた喉は 癒せるけれど
乾涸喉嚨 重獲滋潤
胸の砂漠は いつでも何か沈んで行く
內心的沙漠 卻不斷緩緩下沉

雲が少しだけ 影を縁取って
影子一點點鑲上白雲邊緣
あっと言う間にザザーっと雨が降り始め夕立ちになる
轉眼間天空嘩啦啦地灑下雨​​點雷陣雨要來啦
君は頭の上に學生鞄 翳して走るよ
你把書包擋在頭上跑了起來
ついてないって 素敵な笑顔で…
我跟不上呢 那美好的笑顏…

誰にもきっと失いたくないものがあって
每一個人 必定有著不想失去的東西
そう なかなか踏み出せない
因此才無法踏出下一步
誰かを好きになったら
當你喜歡上誰
誰もが臆病になるだろう
開始越髮變得膽小起來


ひっくり返した バケツの後で
翻轉過來 在水桶的背後
體育館の上 虹が架かってる
體育館上空 懸掛著一道七色彩虹
一緒に眺めた 僕らの空は
我們曾並肩眺望的那片天空
戀の仕方 教えてはくれない
卻沒有教會我們如何戀愛

AH〜否定したって
AH〜就算被否定
瞼を閉じれば 君が思い浮かぶ
閉上雙眼時 仍能想起你

水道の蛇口 顔を近づけ
水槽水龍頭 我將臉靠近
冷たい水 喉に流し込む
水冰冰涼涼 流過喉嚨
斜めに見える あの青空が
斜斜看見的 這一片藍天
どんな時も僕の味方だった
無論何時總是我的同伴

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()