街の人ごみの中で肩をぶつけるように
街道上人潮擁擠 彼此​​雙肩碰撞
心のまま 真っ直ぐに 生きて來た
一直忠實於自己 坦率地活到現在

まわりの愛を 信じられなくて
無法相信身邊有愛
傷つけて 傷つけられ
傷害誰 又被誰所傷害
真っ赤な涙がこぼれ落ちて
血紅眼淚紛紛滴落
點になる
化為點點印記

突っ張る理由は何もない
其實並沒有任何逞強理由
止まった時計を動かして
一度停下的時鐘再次復蘇
誰かの腕 飛び込んで
只想飛奔到誰的臂彎
やさしくされればいいよ
渴望溫柔以待
突っ張る理由は何もない
其實並沒有任何逞強理由
弱った自分を休ませて
讓脆弱的自己偶爾休息一下
生きる意味をもう一度
再一次 好好想想生存意義
考えてみればわかるはず
你應該會明白
自由の先
自由的前方


誰も胸の內側に 時間のナイフ隠して
每個人都在內心背後 藏下時間匕首
悲しい今 泣きながら 抉ってる
在這悲傷時刻 流著淚 狠狠剜下一刀

どこかに夢を 忘れてしまった
舊日夢想 早已失落於何方
あてもなく徬徨うのは
我漫無目的地徬徨在
アスファルトの砂漠
瀝青注成的沙漠
無関心な風の中
無情冷風刮過身體

孤獨に理由はあるだろう
選擇孤獨需要理由嗎
言葉に背中を向けながら
面對流言蜚語我背過身去
大人たちの汚れた手
大人們骯髒的手
見抜いてしまったからさ
我早已看破這一切
孤獨に理由はあるだろう
選擇孤獨需要理由嗎
何かを守った代償
所謂守護的代價
耳を塞ぎ黙るだけ
不過是堵上雙耳保持沉默
目を閉じてみれば見えるはず
閉上雙眼的話應該能看見
ああ 夜露死苦
啊 請多指教

突っ張る理由は何もない
其實並沒有任何逞強理由
止まった時計を動かして
一度停下的時鐘再次復蘇
誰かの腕 飛び込んで
只想飛奔到誰的臂彎
やさしくされればいいよ
渴望溫柔以待
突っ張る理由は何もない
其實並沒有任何逞強理由
弱った自分を休ませて
讓脆弱的自己偶爾休息一下
生きる意味をもう一度
再一次 好好想想生存意義
考えてみればわかるはず
你應該會明白
自由の先
自由的前方

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()