初めて手を繋いだのに
明明是初次牽手
なぜか懐かしい感觸がした
莫名生出懷念感覺
馴染んだブランケットのように
就像是那床熟悉的毛毯
普通に安心したんだ
讓我倍感安心

ぬくもりとか柔らかさとか
融融暖意 柔軟觸感
どうしてこんなにわかるのだろう?
為何你竟然那麼了解?
大好きだよと言えない代わりに
代替那一句說不出口的我喜歡你
ぎゅっと握った
只好牢牢握緊

この道 僕たちはいつも
這條路 我們總是
少し離れて 帰ったあの日
隔著一點距離 一起歸去的那天
2つの 影法師だけが
只有兩個長長倒影
寄り添いながら歩いた
相依偎著漫步
遠い學生時代
遙遠的學生時代


こんな風に繋いだ手と手を
像這樣牽著的手和手
子どものようにぶらぶらさせて
孩子般地搖晃著
ふざけていたら恥ずかしくなって
玩笑時候頓覺害羞
何だか笑えて來たんだ
卻是一路笑著走來

通り過ぎる風の向こうに
拂過清風的彼方
花の香りを覚えてる
還記得那日花兒香氣
もう戻れない青春時代に
回不去的青春時代
きゅんとして來た
突然揪緊了我的心

近道 ここじゃない道が
近道 不在這裡的路
一本手前に 本當はあった
其實就在不遠前方
そっちを 行ってしまったら
我不過是去了一下那裡
君は曲がってしまうから
而你已經轉了彎
戀もただ遠回り
戀愛漸行漸遠


過ぎ去った時間は
逝去的歲月
巻き戻せない
再也回不去
もしもあの時 どうだったとしても
要是那時 那樣的話
そう 今の方が
也許現在
僕たちは素直になれる
我們都能變得坦率

この道 僕たちはいつも
這條路 我們總是
少し離れて 帰ったあの日
隔著一點距離 一起歸去的那天
2つの 影法師だけが
只有兩個長長倒影
寄り添いながら歩いた
相依偎著漫步
遠い學生時代
遙遠的學生時代

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()