あなたと夜明けを見たいから
我想要和你同看破曉
私はまだまだ帰らない
所以現在還不願意回去
窓辺のソファーに腰掛けて
並肩坐在窗邊沙發
このまま一緒にいたいだけ
就這樣一直在一起吧

しあわせな時間時計の針なんて見なくなって
幸福時光悄然流逝漸漸看不見時鐘指針
この街眠ってももっと何か話してよ
街道已然沉睡 我們再說點什麼吧

あなたと夜明けを見たいから
我想要和你同看破曉
私はまだまだ眠らない
所以現在還不願意睡去
わがままばかりを言ったのに
明明一直說著任性的話
あきれた顔して微笑んだ
你還是一臉滿足微笑


夜空の向こうが白んだら
夜空彼方微微泛白之際
私は大人になれるかな
我就能成為大人了吧
ママにはメールをしたけれど
雖然給媽媽發了短信
泊まって來るとは言ってない
卻沒有說是來這裡留宿哦

ぶっきらぼうに暖めてくれたホットミルク
你笨拙地 為我暖上一杯熱牛奶
掌で包んで なぜか急に泣いちゃった
握在掌心 我突然哭了起來

夜空の向こうが白んだら
夜空彼方微微泛白之際
私は大人になりたいな
此刻我想要變成大人
ハートが苦しくなるくらい
一顆心滿是苦澀
戀してしまった夜明け前
在戀上你的破曉前


しあわせな時間時計の針なんて見なくなって
幸福時光悄然流逝漸漸看不見時鐘指針
この街眠ってももっと何か話してよ
街道已然沉睡 我們再說點什麼吧

あなたと夜明けを見れたから
我已經和你同看破曉
私はそろそろ帰ろうか
大概應該要回去了吧
こんなにきれいな朝焼けに
在這樣美麗的朝陽面前
大人になっても忘れない
長大以後我也不會忘記
わがままを言ってごめんね
一直以來的任性真對不起

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()