汽車を待つ君の橫で僕は
你在等待列車 身邊的我
時計を気にしてる
一直暗暗在意著時間
季節はずれの雪が降ってる
背離季節的雪花從天而降
「東京で見る雪はこれが最後ね」と
「這是最後一次在東京看雪呢」
さみしそうに君はつぶやく
你寂寞地低喃道

なごり雪も降るときを知り
惜別雪也懂得離別時刻
ふざけすぎた季節のあとで
在充滿嘲意的季節後

今 春が來て 君は きれいになった
此刻 春日將至 你變得更漂亮了
去年よりずっと きれいになった
比起去年 更漂亮了呢


動き始めた汽車の窓に 顔をつけて
列車緩緩啟動 在窗邊 你靠近了臉
君は何か言おうとしている
好像想要說些什麼
君の口びるが「さようなら」と動くことが
我害怕你嘴唇微動時隨之而來的「再見」
こわくて 下をむいてた
不禁低下了頭

時が行けば 幼ない君も
時間流逝 幼小的你
大人になると気づかないまま
一直沒有察覺自己已經長大

今 春が來て 君は きれいになった
此刻 春日將至 你變得更漂亮了
去年よりずっと きれいになった
比起去年 更漂亮了呢


君が去った ホームにのこり
你離去後 我仍徘徊在月台
落ちてはとける雪を見ていた
呆呆看著白雪落了又融化

今 春が來て 君は きれいになった
此刻 春日將至 你變得更漂亮了
去年よりずっと きれいになった
比起去年 更漂亮了呢
去年よりずっと きれいになった
比起去年 更漂亮了呢
去年よりずっと きれいになった
比起去年 更漂亮了呢

創作者介紹

夢のパラダイス 夢樂園 歌詞網 日星網

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()