窓に西陽があたる部屋は
房間窗邊投下夕陽踪影
いつもあなたの 匂いがするわ
總是縈繞著你的氣息
ひとり暮らせば 想い出すから
獨自生活時 不禁想起
壁の傷も殘したままおいてゆくわ
牆壁上仍留著傷痕 就這樣離去

愛をつぐなえば 別れになるけど
償還愛意時候 正是離別時刻
こんな女でも 忘れないでね
即使是這樣的女子 也請不要忘記
優しすぎたの あなた
那樣溫柔的 你啊
子供みたいな あなた
孩子般的 你啊
あすは他人同志になるけれど
明天將成為陌路人


心殘りは あなたのこと
你的身影仍留在心間
少し煙草も ひかえめにして
抽一根煙 來將你趕跑吧
過去に縛られ 暮らすことより
與其在過去束縛下生活
わたしよりも可愛い人 探すことよ
請尋找比我更可愛的那位吧

愛をつぐなえば 重荷になるから
償還愛意時候 反而越發沉重
この町を離れ 暮らしてみるわ
離開這條街道 重新試著生活吧
お酒のむのも ひとり
獨自一人 喝酒
夢を見るのも ひとり
獨自一人 做夢
あすは他人同志になるけれど
明天將成為陌路人

愛をつぐなえば 別れになるけど
償還愛意時候 正是離別時刻
こんな女でも 忘れないでね
即使是這樣的女子 也請不要忘記
優しすぎたの あなた
那樣溫柔的 你啊
子供みたいな あなた
孩子般的 你啊
あすは他人同志になるけれど
明天將成為陌路人

前田阿飄 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()